倉敷市の矯正歯科専門/インビザライン

お電話でお問い合わせください/みやび矯正歯科医院

開咬症[噛んでいない]

33歳 女性「噛みにくい、口もとを下げたい」(開咬、上下顎前突症)

33歳の 女性です。
「噛みにくい、口もとを 下げたい」との事で来院されました。

正面から見ると”八重歯”の状態です。
前歯のとなりの 2番目の歯が後ろに入っています。

上下の前歯がほとんど噛みあっていません。( 開咬 という状態です )
前歯で食物をかみ切る、噛みちぎるなど困難です。 お食事をとりにくいとの事です。

また、 ”八重歯” が気になって・・・ 人前で笑いにくいとの事です

(お顔の写真の使用にはご本人の承諾を頂いています)

”八重歯”がとにかく 気になりますが・・・

横からみると 上下の前歯が ずいぶんと前に出てしまっています。

レントゲン写真でみても 上下の前歯が前方に傾斜して、押し出されるように並んでいます

このため、上下の口唇が 出ています。

(お顔の写真の使用にはご本人の承諾を頂いています)

正面から見ると、口もとが出ています。”八重歯” の影響で唇が 非対称です。

(お顔の写真の使用にはご本人の承諾を頂いています)

このため、不機嫌そうな お顔に見えてしまいます。

口もとの出っ張り感 が気になるそうです。
また、口もとが 出ているために、お口が 閉じにくいそうです

開咬を伴う 上下顎前突症です

”噛みにくい” 状態と 口もとの 出っ張り感を治したいとの事で

上下左右の 小臼歯抜歯を行い 前歯を後方に移動させました。

2020年の1月6日にスタートして 、2021年の3月22日に 終 了 しました。

治療期間は 15か月でした。

”八重歯”は すっかりと解消され、上顎の前後的な距離が短くなりました。

この効果で上下の前歯が下がりました。

しっかりと 噛みあうようになりました

矯正治療の結果、前歯は 大きく下がり、口もとの状態は改善しました。

口唇がずいぶんと下がり、エステティックラインの内側に収まりました

口もと の出っ張り感も 解消され、お口が閉じやすくなったとの事です。

おとがい(顎)の緊張感が改善しました。

全体的に”スッキリ”とした口もとになりました。

笑顔の印象も大きく 大きく変わりました

素敵な笑顔になりました! (#^.^#)

ありがたいことです。

33歳 女性 開咬を伴う 上下顎前突症 治療期間15か月 唇側矯正装置(ホワイトワイヤー)を使用した上下顎第一小臼歯抜歯治療 参考治療費 約67万円 (消費税込み73万円)(精密検査から終了まで) 矯正治療に伴う副作用の歯肉退縮、知覚過敏、失活、歯根吸収などは認められませんでした。


33歳 男性「噛みにくいので 治してほしい」

33歳 男性です。
「噛みにくいので 治して欲しい」との事で来院されました。

奥歯は 噛みあっているのですが、前歯が噛んでいません。

奥歯以外の歯は 上下の接触が全くありません。

開咬症 という状態です。

奥歯だけに 噛み合わせの力がかかるために、奥歯が痛みやすくなります。

この方も 奥歯が虫歯になり易く、何度も虫歯治療を繰り返しています。

開咬の状態が気になりますが・・・

横からみると 上下の前歯が ずいぶんと前に出てしまっています。

レントゲン写真でみても 上下の前歯が前方に傾斜して、押し出されるように並んでいます

このため、上下の口唇が 出ています。

とくに、下唇のめくれあがりが目立ちます。

(お顔の写真の使用にはご本人の承諾を頂いています)

犬歯が 歯列外に押し出されていますので ”八重歯”の状態にもなっています。

(お顔の写真の使用にはご本人の承諾を頂いています)

”八重歯”の状態もずっと気になっていたそうです。

開咬と 叢生を伴う 上下顎前突症です

噛みにくい状態を治したい、”八重歯”と 口もとの 出っ張り感を治したいとの事で

上下左右の 小臼歯抜歯を行い 前歯を後方に移動させました。

2019年の6月17日にスタートして 、2021年の4月12日に 終 了 しました。

治療期間は 22か月でした。

噛み合っていない状態は すっかりと解消されしっかりと 噛みあうようになりました。

抜歯を行ったことで 歯列が適正な長さになりました。

この効果で前歯は 下がり、口もとの状態は改善しました。

口唇がずいぶんと下がりまりました

口もと の出っ張り感も 解消され、お口が閉じやすくなったとの事です。

笑顔の印象も大きく 大きく変わりました


素敵な笑顔になりました!

「 噛みやすくなりました~! 」と 喜んで頂けました (#^.^#)

ありがたいことです。

33歳 男性 開咬と 叢生を伴う 上下顎前突症 治療期間22か月 唇側矯正装置(ホワイトワイヤー)を使用した上下顎第一小臼歯抜歯治療 参考治療費 約68万円 (消費税込み74万円)(精密検査から終了まで) 矯正治療に伴う副作用の歯肉退縮、知覚過敏、失活、歯根吸収などは認められませんでした。


14歳 女性「咬めない 」( 開咬症 )

14歳の 女性です。
「 よく 咬めない 」との事で来院されました。

正中は大きくズレています。上下の歯の間に 隙間が空いています

横を見ると 右側の空隙は大きく空いて います。

レントゲンで確認すると 右下の歯が沈み込んでいます。
顎の骨も変形しています。

この不正咬合には明確な原因があります。

”舌” です。 舌を 上下の歯の間に入れて噛んでいたのです。

(お顔の写真の使用にはご本人の承諾を頂いています)

それだけでっ!?  って思いますが
毎日 長時間 何年間も続けていると 骨は簡単に変形します。

長年の 舌の悪癖で歯が動き、骨が変形して 開咬の状態になっています。

「お食事が 食べにくい」そうですが。。 左右の歯が ほとんど噛んでいません。

想像するだけで難しそうですね ~ 横から 食べ物がこぼれるそうです。

「冷麺とか ムリ」って言われていました。

顎の偏位を伴う 開咬症 です。

下顎の 歯を起き上がらせ  しっかりとした噛み合せをつくりました。

ズレも出来る限り解消しました。

噛み合わせが 良くなり お食事が しやすくなったそうです。

2017年の8月21日にスタートして  2019年の3月8日に 終 了しました。

治療期間 は19か月でした。

口もとの 印象が 大きく変わりました

素敵な笑顔になりました! (#^.^#)

” 舌 ” に気をつけて お過ごしください

ありがたいことです。

14歳 女性 悪習癖による開咬症、正中偏位 治療期間19か月 唇側矯正装置(ホワイトワイヤー)を使用した非抜歯治療 参考治療費 約66万円 (精密検査から終了まで) 矯正治療に伴う副作用の歯肉退縮、知覚過敏、失活、歯根吸収などは認められませんでした。


27歳 女性「前歯で 噛めない」( 開咬症 )

27歳の 女性です
「前歯で 噛めない」との事で来院されました


(お顔の写真の使用にはご本人の承諾を頂いています)

前歯が 全く噛み合っていません 左右の 奥歯だけ 噛んでいる状態です

長い間 我慢していたそうですが 非常にお食事しにくいそうです

ラーメンとか 食べにくいでしょうねぇ  ( ゚Д゚)

上下の前歯も 出ているために 口もとの 出っ張り感も 気になります

口もとが 出ているために 唇が 尖って見えてしまいます


(お顔の写真の使用にはご本人の承諾を頂いています)

不機嫌そうに 勘違いされてしまうとの事です(ご本人は非常に明るい方です)

反対咬合傾向を伴う 開咬症 です

上下左右の 抜歯を行い 前歯を後方に移動させました。

2017年の11月6日にスタートして2019年の2月18日に 終了しました

治療期間は 15か月でした

前歯は 大きく下がり しっかりと 噛み合うようになりました

「噛み切れるようになりました~!」 と喜んで頂けました

歯ならびは 綺麗になり、口もとは 大きく変わりました

口もと の出っ張り感も解消され ”不機嫌そうな表情” も改善されました

素敵な笑顔になりました! (#^.^#)

ありがたいことです。

27歳 女性 反対咬合傾向を伴う 開咬症 治療期間 15か月 唇側矯正装置(ホワイトワイヤー)を使用した上下顎左右測第一小臼歯抜歯治療 参考治療費 約65万円 (精密検査から終了まで) 矯正治療に伴う副作用の歯肉退縮、知覚過敏、歯根吸収などは認められませんでした。


30歳 女性「前歯で 噛めない 八重歯が気になる」( 開咬症 )

30歳の 女性です

「前歯で 噛めないので何とかして欲しいい」との事で来院されました。

前歯が大きく 開いていて 噛み合わせても上下の歯の間に隙間が空いています。

昔から 前歯は空いていたそうなのですが、
ここ5年くらいで 酷くなってしまったそうです。

「 ”八重歯” も気になる」と言われる通り

右の犬歯は完全に歯列から飛び出しています。

八重歯を伴う 開咬 ( 開咬症、叢生 )です

これだけ 前歯が 大きく 空いているために 前歯で 噛むことが できません。

お食事しにくいとの事です。麺類はまともに食べれないと言われていました。

八重歯によって 唇の形が非対称になっています。

(お顔の写真の使用にはご本人の承諾を頂いています)

この歯ならびが 大きな コンプレックスになっていたそうです。

右上の 抜歯を行い 前歯を後方に移動させました。

(矯正装置を装着した時の写真です)

2017年の11月13日にスタートして
2019年の1月15日に 終了 しました

治療期間 14か月でした。

歯並びは綺麗になり、口もとも大きく変わりました。 (*´▽`*)

お食事がとってもし易くなり、「美味しく食べられるようになった」との事でした

素敵な笑顔になりました! (#^.^#)

ありがたいことです。

30歳 女性 叢生を伴う叢生症 治療期間14か月 唇側矯正装置(ホワイトワイヤー)を使用した上顎右側第一小臼歯抜歯治療 参考治療費 約64万円 (精密検査から終了まで) 矯正治療に伴う副作用の歯肉退縮、知覚過敏、歯根吸収などは認められませんでした。