倉敷市の矯正歯科専門医院/インビザライン(マウスピース矯正)

お電話でお問い合わせください/みやび矯正歯科医院

上顎前突症[出っ歯]

22歳 女性「 口が 閉じにくい 」( 上下顎前突症 )

22歳の 女性です

「 口が閉じにくい 、口元の出っ張りが気になる」ので治したいとの事で来院されました。

正面から見ると それほど 歯ならびが悪そうに見えませんが

横から見ると 上下の前歯が 著しく前に 傾斜しています。

このため 口もとが 大きく出っ張っています。


(お顔の写真の使用にはご本人の 承諾を頂いています)

ご本人の悩みは「口もとが 出っ張りが気になる」そうで

この事を コンプレックスに 思われていたそうです。

また、他人からは

口もとが尖っているため ”不機嫌そう” な顔に見られがちです。

叢生を伴う 上下顎前突症 です

口元を 大きく変化させるために 上下左右の 抜歯を行い
前歯をできる限り 後方に移動させました。

2018年の2月16日にスタートして
2019年の9月13日に 終 了 しました。

治療期間は 17か月でした。

治療によって 上下の前歯は 大きく下がりました。

前歯が下がったために 口もとの 出っ張り感は 解消され

”もっさり” とした口元の印象が消えました。

口もとの 印象が 大きく変わりました

不機嫌そうな 尖った口元から スッキリとした口元へ 大きく変わりました。

ご本人の コンプレックス は解消されたそうです (#^.^#)

お口が閉じやすくなったそうです

素敵な笑顔になりました! (#^.^#)

ありがたいことです。

22歳 女性 叢生を伴う 上下顎前突症  治療期間17か月 唇側矯正装置(ホワイトワイヤー)を使用した上下顎第一小臼歯抜歯治療 参考治療費 約65万円 (精密検査から終了まで) 矯正治療に伴う副作用の歯肉退縮、知覚過敏、失活、歯根吸収などは認められませんでした。


26歳 男性 「 出っ歯 を治したい」 ( 上顎前突症 )

26歳の 男性です。
「 出っ歯 を治したい」との事で来院されました。

初めて 来院されたときは 大変緊張されている様子でした。

後でお聴きすると
「冷汗びっしょりで 死ぬほど緊張したっ!」って言われていました (;・∀・)

そんなに怖いトコロじゃぁないんですけど。。。
やっぱり 緊張しますよねぇ~  (@_@;)

上の前歯が 前に出ています。


反対に 下の歯が 後方に傾斜しています。
非常に珍しい状態です。

そのため 上下の前歯が全く噛み合っていません
(指しゃぶりを長期間行うとこうなります)

上下の”出っ歯”のために 下唇の形が良くありません


(お顔の写真の使用にはご本人の承諾を頂いています)

下顎が凹んだように見え 下唇の下に影が強く出てしまいます。


(お顔の写真の使用にはご本人の承諾を頂いています)

”梅干し”(口輪筋の緊張)がはっきりと見え 口もとの印象が 気になるとの事です

顎の骨が 変形してしまっています。 長期間 指しゃぶりをしていたそうです。
幼少期の癖によって 簡単に顎の骨は変形してしまいます。

上の顎の骨が 狭く 左の噛み合わせが逆になっています。

叢生、左側のクロスバイトを伴う 上顎前突症 です

上下左右の 抜歯を行い 前歯を後方に移動させました。
上の顎の骨を拡大しながら上下の顎の幅径を合わせました。

2017年の5月26日にスタートして
2019年の3月8日に 終了 しました。

治療期間は 22か月でした。

”出っ歯”は解消され 前歯は 噛み合うようになりました。
顎の幅も 修正できました。

口もと はスッキリとした印象になり印象が 大きく変わりました

素敵な笑顔になりました! (#^.^#)
ありがたいことです。

結婚式 3か月前に無事終了しました (#^.^#)

新婚旅行は ”モルディブ” に行かれるそうです
良いなぁ~ 羨ましいですっ (*´▽`*)

お幸せに

26歳 男性 叢生、左側のクロスバイトを伴う 上顎前突症  治療期間22か月 唇側矯正装置(ホワイトワイヤー)拡大装置(ワイヤー型)を使用した上下顎第一小臼歯抜歯治療 参考治療費 約68万円 (精密検査から終了まで) 矯正治療に伴う副作用の歯肉退縮、知覚過敏、失活、歯根吸収などは認められませんでした。


34歳 女性 「 口が閉じにくい 」( 上下顎前突症 )

34歳の 女性です
「 口が閉じにくい 」ので治したいとの事で来院されました。

正面から見ると それほど 歯ならびが悪そうに見えませんが

横から見ると 上下の前歯が 著しく前に 傾斜しています。

このため 口もとが 大きく出っ張っています。


(お顔の写真の使用にはご本人の 承諾を頂いています)

ご本人の悩みは「お口が 閉じにくい」との事だそうです


(お顔の写真の使用にはご本人の 承諾を頂いています)

また、他人からは 口もとが尖っているため  ”不機嫌そう” な顔に見られがちです。

このことも コンプレックスに 思われていたそうです。

叢生を伴う 上下顎前突症 です

口元を 大きく変化させるために
上下左右の 抜歯を行い 前歯をできる限り 後方に移動させました。


(毎回カラーモジュールで 矯正治療を楽しまれていました (*’ω’*) )

2017年の10月18日にスタートして 2019年の3月12日に終了しました
治療期間は17か月でした

上下の前歯は 大きく下がりました。

前歯が下がったために 口もとの 出っ張り感は 解消され

”もっさり” とした口元の印象が消えました。

口もとの 印象が 大きく変わりました

不機嫌そうな 尖った口元から スッキリとした口元へ 大きく変わりました。

ご本人の コンプレックス は解消されたそうです (#^.^#)

口が閉じやすくなったそうです

素敵な笑顔になりました! (#^.^#)

ありがたいことです。

34歳 女性 叢生を伴う 上下顎前突症  治療期間17か月 唇側矯正装置(ホワイトワイヤー)を使用した上下顎第一小臼歯抜歯治療 参考治療費 約65万円 (精密検査から終了まで) 矯正治療に伴う副作用の歯肉退縮、知覚過敏、失活、歯根吸収などは認められませんでした。


16歳 女性「 出っ歯 を治したい」( 上顎前突症・欠損歯 )

16歳の 女性です。
「 出っ歯 を治したい」との事で来院されました。

前歯が 著しく傾斜しているため口もとが 前に出ています。

噛み合わせも非常に深いです(過蓋咬合)

上の前歯の傾斜が強く 前歯が全く噛み合っていません。

下顎の前歯が 2本先天的に 欠如しています。
これも 不正咬合を悪化させています。

欠損歯、過蓋咬合 を伴う 上顎前突症 です

上唇は 前に出ていますし、下唇も捲れています。


(お顔の写真の使用にはご本人の承諾を頂いています)

上下の口もとの 状態も 良くありません。


(お顔の写真の使用にはご本人の承諾を頂いています)

この状態を 「何とかしたい」と真剣に悩まれている様子でした。

保護者の方と真剣にお話を聞かれた直後に 治療を決断されました。

下顎前歯の 欠損歯があるため

上顎左右の 抜歯を行い 前歯を後方に移動させました。

2017年の2月4日にスタートして 2019年の2月25日に終了 しました。

治療期間は 24か月 でした。

前歯は 大きく下がり 上下の前歯は しっかりと 噛み合うようになりました

歯ならびは 綺麗になり、口もと の出っ張り感、緊張感も解消されました

口もとが スッキリとした印象に変わりました。

何とか 高校の卒業式に 間に合いました。(*´▽`*)

大学受験が 終了したタイミングで 装置を撤去しました。

春からは 大学生です。 受験お疲れさまでした (#^.^#)

素敵な笑顔で 素敵な新生活をお過ごしください! (#^.^#)

ありがたいことです。

16歳 女性 先天欠如歯を伴う上顎前突症  治療期間24か月 唇側矯正装置(ホワイトワイヤー)を使用した上顎第一小臼歯抜歯治療 参考治療費 約68万円 (精密検査から終了まで) 矯正治療に伴う副作用の歯肉退縮、知覚過敏、失活、歯根吸収などは認められませんでした。


12歳 女性「口が 閉じにくい」( 上下顎前突症)

12歳の 女性です
「口が 閉じにくい」との事で来院されました。

正面から見ると 歯並びは それほど問題なさそうに見えます。

横からみると 上の前歯が出ています。
(上の歯だけ出ているように見えますが 下の歯も前に出ています。)

写真では分かりにくいですが 相当に上の前歯が出ています

この前歯の影響で 口もとは 膨らんで 大きく出っ張っています。
(お顔の写真の使用にはご本人の承諾を頂いています)

上下の歯の出っ張りが大きいために

意識して 口を閉じても 歯が見えてしまいます。

完全に口が閉じられず 歯が常に見えてしまう状態です
(お顔の写真の使用にはご本人の承諾を頂いています)

叢生を伴う 上下顎前突症(上の歯も下の歯も 出っ歯) です

この出っ張り感のために 「いつも機嫌悪そうに見える」そうです

お母さんも ご本人もとても気にされて治したいとの事でした。

 

上下左右の 抜歯を行い 前歯を後方に移動させました。

2017年の8月14日にスタートして 2019年の1月16日に 終 了しました。

治療期間は 17か月でした

前歯は 上下ともに大きく さがりました。

前歯が 大きく下がったために 口元も変化しました。

口が 無理なく 閉じられるようになりました

歯ならびは 綺麗になり 「不機嫌そうに見える」 口もとは 大きく変わりました。

素敵な笑顔になりました! (#^.^#)

素敵な青春をお過ごしくださいね~

 

ありがたいことです。

12歳 女性 叢生を伴う上下顎前突症 治療期間17か月 唇側矯正装置(ホワイトワイヤー)を使用した上下顎左右側第一小臼歯抜歯治療 参考治療費 約66万円 (精密検査から終了まで) 矯正治療に伴う副作用の歯肉退縮、知覚過敏、歯根吸収などは認められませんでした。


24歳 女性「出っ歯 を治したい」( 重度の上顎前突症)

24歳の 女性です。
「出っ歯 を治したい」との事で来院されました。

上の前歯(とくに前歯2本)の傾きが強く、前に飛び出すように出ています。

下の歯ならびの ガチャガチャも激しい状態です。

叢生を伴う 重度の上顎前突症(重度の出っ歯)です。


(お顔の写真の使用にはご本人の承諾を頂いています)

小さい頃から ”出っ歯” だったそうで
ご本人にとっての大きな コンプレックスになっていたそうです。

ここまで ”出っ歯” が キツイと口を完全に閉じることが出来ません。
このため、いつも 前歯が見えています

口もとを大きく 下げるため、
上下左右の抜歯を行い 前歯を後方に移動させました。

2017年の3月14日にスタートして2018年の12月19日に 終了 しました。

治療期間は 21か月でした。

あれだけ激しかった ”出っ歯” も ”八重歯” も解消され

歯並びは 別人のように 綺麗になりました。

前歯がしっかりと 下がったことで、口もとも大きく変わりました。

無理なく口が閉じられるようになりました。

素敵な笑顔になりました! (#^.^#)

ありがたいことです。

24歳 男性 叢生を伴う 上顎前突症 治療期間21か月 唇側矯正装置(ホワイトワイヤー)口蓋側にアンカーインプラントを使用した上下顎左右側小臼歯抜歯治療 参考治療費 約68万円 (精密検査から終了まで) 矯正治療に伴う副作用の歯肉退縮、知覚過敏、歯根吸収などは認められませんでした。


25歳 女性 「出っ歯を治したい」(上顎前突症・抜歯)

25歳の 女性です。
「出っ歯を 治したい」との事で来院されました。

302_口腔_2016年11月25日_114111_B

口もとの 出っ張りが かなり強い症例です

正面から見ると上下の歯の 正中が大きくズレています。

302_口腔_2016年11月25日_114111_B - コピー

前歯の 出っ張りが 強過ぎて 口を閉じることが 出来ません。

302_20161125_1130_①正面 - コピー - コピー - コピー
(お顔の写真の使用にはご本人の承諾を頂いています)

口を閉じても 歯が見えてしまいます。

302_20161121_1612_⑨3 - コピー - コピー

口もとの突出感が著しい状態です。

”出っ歯” の状態が 大きな コンプレックスになっていたそうです。

正中偏位を伴う 上顎前突症 (出っ歯)です

前歯の傾きを正常化して 口もとの ボリュームを減らすために、
上下左右の抜歯を行い 前歯を後方に移動させました。

302_口腔_2018年09月10日_154631_B
2016年の12月5日に スタートして 2018年の9月10日に 終 了 しました。

治療期間は 21か月 でした。

302_20161121_1612_⑨3

前歯の傾きが 適正になり 正中一致、歯並びは綺麗になりました。

302治療前後口もと2
口元のボリュームが減少し 口もとは大きく変わりました。

302 治療前セファロ側面 - コピー

レントゲン写真でも 前歯の傾きが正常化していることが分かります。

302_20161125_1130_①正面 - コピー - コピー

口を完全に閉じられるようになりました。 (#^.^#)

口を閉じた時の緊張がなくなり、お顔の印象が 大きく変わりました

302_20161125_1130_③スマイル - コピー - コピー

口もとの変化によって 素敵な笑顔になりました! (*´▽`*)

ありがたいことです。

25歳 女性 正中偏位を伴う上顎前突症 治療期間21か月 唇側矯正装置(ホワイトワイヤー)を使用した上下顎小臼歯抜歯治療 参考治療費 約67万円 (精密検査から終了まで) 矯正治療に伴う副作用の歯肉退縮、知覚過敏、失活、歯根吸収などは認められませんでした。


12歳 女性 「口もとが 出ている 感じを 治したい」 ( 上顎前突症 )

12歳 の女性です。
「口もとが 出ている 感じを 治したい」との事で来院されました。

313_口腔_2016年12月17日_144651_B

前歯 の 出っ張りが強くて口が閉じにくいとの事です。

313_20161217_1449_⑨その他の保存する写真3

前歯が永久歯になった 時期から 出っ張っていたとの事で

ご本人も 親御さんも、ずっと気になっていたそうです。

典型的な上顎前突症(出っ歯)です。

これだけ前歯が傾斜していると口を閉じるのにも支障があります。

313_20161217_1449_⑧その他の保存する写真2
(お顔の写真の使用にはご本人の承諾を頂いています)

何とか 「出っ歯を治したい」 との事で治療を開始しました。

上下左右の抜歯を行い 前歯を後方に移動させました。

移動量は大きかったのですが、順調に移動しました。

313_口腔_2018年08月17日_164503_B

2017年の1月7日にスタートして

2018年の8月17日に 終 了 しました。 治療期間は 20か月 でした

313_20161217_1449_⑨その他の保存する写真3 - コピー

歯並びは綺麗になり、出っ歯は解消されました。

313_20161217_1449_⑧その他の保存する写真2 - コピー - コピー

出ていた口元は大きく後退し、お顔の印象が 大きく変わりました。

313_20161217_1558_②右側面 - コピー - コピー

口もとが ”スッキリ” です

美人になりましたね~ (*’▽’)

313_治療前後_③スマイル - コピー - コピー

素敵な笑顔になりました! (#^.^#)

ありがたいことです。

12歳 女性 叢生を伴う上顎前突症 治療期間20か月 唇側矯正装置(ホワイトワイヤー)を使用した上下顎小臼歯抜歯治療 参考治療費 約66万円 (精密検査から終了まで) 矯正治療に伴う副作用の歯肉退縮、知覚過敏、失活、歯根吸収などは認められませんでした。