倉敷市の矯正歯科専門医院/インビザライン(マウスピース矯正)

お電話でお問い合わせください/みやび矯正歯科医院

インビザラインってどうなの?/マウスピース矯正

インビザラインってどうなの?

''みやび''で矯正治療をされている方の半数は成人の方です。

最近では矯正治療を希望される成人の4割くらいの方が
インビザライン装置を選択されています。

インビザラインとは | 施術例

インビザラインってどうなの? インビザラインってどうなの?

インビザラインシステムって何?

インビザライン

インビザラインシステムは透明なマウスピースを使用した
新技術の治療システムです。

受診のたびに、治療の進行状況を確認し、計画に沿った処置を行い、新しいマウスピースを受け取ります。外見上はワイヤーからマウスピースに変わっただけに見えます。
治療のゴールや治療目標はどちらも同じです。
ただし、症例に対する考え方、治療メカニズム、治療の手順、治療計画はワイヤーを用いた治療とは全く違ってきます。

インビザラインシステムって何?

インビザラインの得意なことって何?

ワイヤーを用いた装置よりも得意とする移動もあれば、
苦手な移動もあります。

もちろん、魔法の装置ではありませんので難しい症例もあります。
それでも経験上かなりの歯の移動は可能です。

「こんな装置で治るの!?」って患者さんが言った症例でも綺麗に治ります。
特に歯を抜かない症例の治療は得意としています。

インビザラインの得意なことって何?

インビザラインの苦手なことって何?

反面、移動量の多い症例は苦手です。

例えば、口元を大きく下げたいとか、ズレが大きい症例の場合は他の装置の方が望ましい場合もあります。

その欠点をカバーするために他の装置で移動してからインビザラインシステムに移行する場合もあります。

インビザラインの苦手なことって何? インビザラインの苦手なことって何?

誰がインビザラインを選択しているのか?

どんな方がインビザラインシステムを選択しているのでしょうか?

''みやび''のインビザライン治療を受けている方で一番多いのが医療関係の方です。
特に看護師さんや介護士の方などが多いです。あと、営業の方も多いですし、学校の先生や受付の方など不特定多数の方とお話をする事をお仕事とされている方が多いです。もちろん、学生さんや主婦の方、子育て中の方などもいます。

誰がインビザラインを選択しているのか?

インビザライン装置の治療って何するの?

インビザラインで治療中の患者さんは何をするのでしょうか?

アライナーと呼ばれる透明なマウスピース装置を装着します。
お食事や歯磨き以外の18時間~22時間の装着が必要です。

インビザライン装置の治療って何するの?

最初は少し抵抗があるマウスピースがピッタリと入るようになったら、次のマウスピースに進んでください。

通常は10日前後で新しいマウスピースに交換して歯を移動させていきます。

インビザライン装置の治療って何するの?
インビザライン装置の治療って何するの?

なぜインビザラインシステムなのか?

インビザラインシステムは取り外しが可能です。

その他の装置では患者さん自身での取り外しが出来ませんので、取り外し可能という特徴が、インビザラインの最大の利点です。
透明なマウスピースを取り外すと、歯の表面にはゴマ粒くらいのアタッチメントしか残りません。ワイヤーを使用した装置と比較できないほど快適です。

歯と同じ色調の樹脂で造られたアタッチメントは
歯の色調と同化して誰からも見えません。

インビザライン装置の治療って何するの? インビザライン装置の治療って何するの?

快適性、それがインビザラインシステムの最大の特徴です。


人の目が気にならないので、快適です。

インビザラインの最大の利点は装置がほとんど見えないことです。装着する前と装着した後を見比べても、先入観を持って見なければ矯正治療を受けている事がわかりません。相手に伝えない限り、治療を受けていることに気づかれません。

人の目が気にならないので、快適です。

矯正治療中の痛みが少なくて、快適です。

矯正治療を受けられる方にとっての大きな心配は痛みです。
インビザラインでは、計算された段階的な移動を行いますので無痛ではありませんが、ワイヤーを使用した装置と比べると治療中の痛みを訴える方は格段に少ないです。

矯正治療中の痛みが少なくて、快適です。

食事が矯正治療前と同じように楽しめ、快適です。

ワイヤーを用いた装置では、食べにくい食品や装置に絡みついてしまう不快な食品があります。インビザライン装置は取り外しが可能なので、矯正治療を始める前と変わらない食事を楽しめます。

食事が矯正治療前と同じように楽しめ、快適です。

美味しいものを食べるのが趣味という方からの圧倒的な支持を得ています。


装置による口内炎やトラブルが無いため、快適です。

ワイヤーを用いた矯正装置によるトラブルとして矯正装置やワイヤーの刺激によって口内炎が起こることがあります。装置を装着してから日が浅い時にしばしば起こる悩ましい問題です。インビザラインシステムの場合は口内炎の悩みは起こりません。

装置による口内炎やトラブルが無いため、快適です。

口腔ケアが簡単に行え、快適です。

ワイヤーを用いた装置では 複雑な装置の構造上、歯磨きが難しいです。
インビザラインシステムは装置を取り外せるので、歯磨きやフロスも矯正治療前と同じように行えます。

口腔ケアが簡単に行え、快適です。

虫歯になりやすい方や歯周病に気を付けたい方にも最適です。


矯正治療とホワイトニングを同時に行いたい欲ばりな方にも

インビザライン装置の内面にホワイトニング剤を入れる事で、ホワイトニングも同時に出来ます。
歯の色も気になるし・・ 歯並びも気になる・・という方に最適です。

矯正治療とホワイトニングを同時に行いたい欲ばりな方にも

歯並びも綺麗に、歯の色も白く、素敵な笑顔へと近づいて行きます。


通院間隔が長いので忙しい方にも

ワイヤーを用いた装置の場合は、ワイヤーの調整のために、およそ1か月毎の通院が必要となります。インビザラインシステムの場合はおよそ2か月に1度の通院です。お仕事などで忙しい方にも適しています。

通院間隔が長いので忙しい方にも

人生には晴れ舞台がたくさんあるから

卒業式、成人式、入社式、結婚式、お宮参り、お子さんの行事など

人生にはたくさんの晴れ舞台があります。
ワイヤー矯正の場合、タイミングを少し考えてしまうものです。インビザラインなら、あなたの始めたい時からスタートできます。

人生には晴れ舞台がたくさんあるから

インビザライン施術例

あなたもインビザラインシステムで
新しい自分に出会ってみませんか?

インビザライン経験者の声

※インビザラインシステムのアライナーを装着しています。
※お顔の写真の使用にはご本人の承諾を頂いています。

みやび矯正歯科医院で実際に治療を行った症例です。
ご自身の歯並びと比べて、参考になさって下さい。

  • 28歳 女性 著しい叢生を伴う開咬症 治療期間26か月 マウスピース型矯正装置(インビザライン)を使用した上顎犬歯、下顎小臼歯抜歯治療 参考治療費 約80万円 (精密検査から終了まで) 矯正治療に伴う副作用の知覚過敏、歯根吸収などは認められませんでした。術前から認められた歯肉退縮、歯根露出に変化(悪化すること)はありませんでした。

  • 32歳 女性 前歯の捻転を伴う叢生 治療期間13か月 マウスピース型矯正装置(インビザライン)を使用した非抜歯治療 参考治療費 約78万円 (精密検査から終了まで) 矯正治療に伴う副作用の歯肉退縮、知覚過敏、歯根吸収などは認められませんでした。

  • 57歳 女性 上下顎叢生 治療期間20か月 マウスピース型矯正装置(インビザライン)を使用した非抜歯治療 参考治療費 約78万円 (精密検査から終了まで) 矯正治療に伴う副作用の歯肉退縮、知覚過敏、歯根吸収などは認められませんでした。

  • 58歳 男性 上下顎叢生 治療期間20か月 マウスピース型矯正装置(インビザライン)を使用した非抜歯治療 参考治療費 約78万円 (精密検査から終了まで) 矯正治療に伴う副作用の歯肉退縮、知覚過敏、歯根吸収などは認められませんでした。

  • 22歳 女性 翼状捻転を伴う 上顎前突症 治療期間16か月 マウスピース型矯正装置(インビザライン)を使用した非抜歯治療 参考治療費 約78万円 (精密検査から終了まで) 矯正治療に伴う副作用の歯肉退縮、知覚過敏、歯根吸収などは認められませんでした。

  • 19歳 女性 口蓋側転移を伴う叢生 治療期間13か月 マウスピース型矯正装置(インビザライン)を使用した非抜歯治療 参考治療費 約78万円 (精密検査から終了まで) 矯正治療に伴う副作用の歯肉退縮、知覚過敏、歯根吸収などは認められませんでした。

  • 32歳 女性 前歯の捻転を伴う叢生 治療期間18か月 マウスピース型矯正装置(インビザライン)を使用した非抜歯治療 参考治療費 約78万円 (精密検査から終了まで) 矯正治療に伴う副作用の歯肉退縮、知覚過敏、歯根吸収などは認められませんでした。

  • 46歳 女性 上下顎叢生 治療期間16か月 マウスピース型矯正装置(インビザライン)を使用した非抜歯治療 参考治療費 約79万円 (精密検査から終了まで) 矯正治療に伴う副作用の歯肉退縮、知覚過敏、歯根吸収などは認められませんでした。

  • 28歳 男性 前歯の翼状捻転を伴う叢生 治療期間9か月 マウスピース型矯正装置(インビザライン)を使用した非抜歯治療 参考治療費 約77万円 (精密検査から終了まで) 矯正治療に伴う副作用の歯肉退縮、知覚過敏、歯根吸収などは認められませんでした。

  • 20歳 女性 上下顎叢生 治療期間4か月 マウスピース型矯正装置(インビザライン)を使用した非抜歯治療 参考治療費 約50万円 (精密検査から終了まで) 矯正治療に伴う副作用の歯肉退縮、知覚過敏、歯根吸収などは認められませんでした。

  • 26歳 女性 上下顎叢生 治療期間20か月 マウスピース型矯正装置(インビザライン)を使用した非抜歯治療 参考治療費 約78万円 (精密検査から終了まで) 矯正治療に伴う副作用の歯肉退縮、知覚過敏、歯根吸収などは認められませんでした。