倉敷市の矯正歯科専門医院/インビザライン(マウスピース矯正)

お電話でお問い合わせください/みやび矯正歯科医院

矯正治療あれこれ

15歳 女性「もとを 下げたい」( 上下顎前突症 )

15歳の 女性です。

「出っ歯、口もとを 下げたい」との事で来院されました。

正面から見ても 出ている感じはあまりありませんが、

横からみると ずいぶんと 前歯が出ています。

レントゲン写真で見ても 上下の前歯が
前方に傾斜して押し出されるように並んでいます

このため、上下の口唇が 突出しています。

(お顔の写真の使用にはご本人の承諾を頂いています)

下唇の突出状態が大きく、唇の状態を改善したいそうです。

正面から見ると、口唇が前方に突出しています。

「口をとがらせる」という慣用句があるように、、まさに口(口唇)が尖っていて

このため、不機嫌そうな お顔に見えてしまいます。

口もとの出っ張り感 が気になるそうです。
また、口もとが 出っ張って、口が完全に閉じられず、前歯が少し見えてしまいます。

叢生を伴う 上顎前突症です

口もとの 出っ張り感を治したいとの事で

上下左右の 小臼歯抜歯を行い 前歯を後方に移動させました。

2019年の7月23にスタートして 、2020年の8月3日に 終 了 しました。

治療期間は 13か月でした。

予想していたよりもずいぶん早く治療を終了することが出来ました (#^.^#)

上顎の前後的な距離が短くなりました。

この効果で上下の前歯が下がりました。

矯正治療の結果、前歯は 大きく下がり、”出っ歯”の状態は改善しました。

口唇がずいぶんと下がり、エステティックラインの内側に収まりました

口もと の出っ張り感も 解消され、お口が閉じやすくなったとの事です。

おとがい(顎)の緊張感が改善して

全体的に”スッキリ”とした口もとになりました。

素敵な笑顔になりました! (#^.^#)

ありがたいことです。

15歳 女性 叢生を伴う 上下顎前突症 治療期間20か月 唇側矯正装置(ホワイトワイヤー)を使用した上下顎第一小臼歯抜歯治療 参考治療費 約67万円 (精密検査から終了まで) 矯正治療に伴う副作用の歯肉退縮、知覚過敏、失活、歯根吸収などは認められませんでした。


24歳 女性「出っ歯、口もとを 下げたい」( 上顎前突症 )

24歳の 女性です。
「出っ歯、口もとを 下げたい」との事で来院されました。

正面から見ると前歯が出ています。

また、前歯の傾きと段差ねじれがあります。

横からみると ずいぶんと 前歯が前に出てしまっています。

レントゲン写真で見ても 上下の前歯が 前方に傾斜して、押し出されるように並んでいます

このため、上下の口唇が 突出しています。


(お顔の写真の使用にはご本人の承諾を頂いています)

正面から見ると、口唇が前方に突出しています。


(お顔の写真の使用にはご本人の承諾を頂いています)

このため、不機嫌そうな お顔に見えてしまいます。

また、歯が大きく傾いているために 口唇がゆがんで 非対称になっています。

口もとの出っ張り感 が気になるそうです。


(お顔の写真の使用にはご本人の承諾を頂いています)

前歯の傾きによって、口もとが 非対称になっています。

歯を出して笑いにくいとの事です。

叢生を伴う 上顎前突症です

”出っ歯”とガチャガチャ、口もとの 出っ張り感を治したいとの事で

上下左右の 小臼歯抜歯を行い 前歯を後方に移動させました。

2019年の3月11日にスタートして 、2020年の8月14日に 終 了 しました。

治療期間は 17か月でした。

抜歯を行ったことで、上顎の前後的な距離が短くなりました。

この効果で上下の前歯が下がりました。

矯正治療の結果、前歯は 大きく下がり、”出っ歯”の状態は改善しました。

口唇がずいぶんと下がり、エステティックラインの内側に収まりました

口もと の出っ張り感も 解消され、お口が閉じやすくなったとの事です。

おとがい(顎)の緊張感が改善しまし、口唇の 非対称性や歪みが解消しました。

全体的に”スッキリ”と 整った 口もとになりました。

前歯の傾きによる 非対称、”出っ歯感” が 解消しました。

素敵な笑顔になりました! (#^.^#)

ありがたいことです。

24歳 女性 叢生を伴う 上下顎前突症 治療期間17か月 唇側矯正装置(ホワイトワイヤー)を使用した上下顎第一小臼歯抜歯治療 参考治療費 約67万円 (精密検査から終了まで) 矯正治療に伴う副作用の歯肉退縮、知覚過敏、失活、歯根吸収などは認められませんでした。


14歳 女性「出っ歯、口もとを 下げたい」( 上下顎前突症 )

14歳の 女性です。
「出っ歯、口もとを 下げたい」との事で来院されました。

正面から見ると前歯の段差とねじれがあります。

横からみると ずいぶんと 前歯が前に出てしまっています。

レントゲン写真で見ても 上下の前歯が
前方に傾斜して押し出されるように並んでいます

このため、上下の口唇が 突出しています。

(お顔の写真の使用にはご本人の承諾を頂いています)

正面から見ると、口唇が前方に突出しています。

このため、不機嫌そうな お顔に見えてしまいます。

口もとの出っ張り感 が気になるそうです。
また、口もとが 出っ張って、お口が 閉じられないそうです

お口が完全に閉じられず、常に 前歯が出てしまいます。

叢生を伴う 上顎前突症です

”出っ歯”と 口もとの 出っ張り感を治したいとの事で

上下左右の 小臼歯抜歯を行い 前歯を後方に移動させました。

2018年の12月28日にスタートして 、2020年の8月14日に 終 了 しました。

治療期間は 20か月でした。

上顎の前後的な距離が短くなりました。

この効果で上下の前歯が下がりました。

矯正治療の結果、前歯は 大きく下がり、”出っ歯”の状態は改善しました。

口唇がずいぶんと下がり、エステティックラインの内側に収まりました

口もと の出っ張り感も 解消され、お口が閉じやすくなったとの事です。

おとがい(顎)の緊張感が改善して

全体的に”スッキリ”とした口もとになりました。

素敵な笑顔になりました! (#^.^#)

ありがたいことです。

14歳 女性 叢生を伴う 上下顎前突症 治療期間20か月 唇側矯正装置(ホワイトワイヤー)を使用した上下顎第一小臼歯抜歯治療 参考治療費 約67万円 (精密検査から終了まで) 矯正治療に伴う副作用の歯肉退縮、知覚過敏、失活、歯根吸収などは認められませんでした。

 


35歳 女性 「 八重歯 , 口もと を治したい」 ( ハーフリンガル装置 )

35歳の 女性 です
「 八重歯 と口もとを治したい」との事で来院されました。

典型的な ”八重歯”です。

正面から2番目の歯が裏に入っているため”八重歯”感が強調されてしまいます 。

人とお話をする時に ”八重歯” が気になって笑いずらいとのことでした。

(お顔の写真の使用にはご本人の承諾を頂いています)

八重歯に 目がいきますが、前歯の出っ張り感も気になります。

上下の前歯が前に傾斜して 出ています。

(お顔の写真の使用にはご本人の承諾を頂いています)

このため、上下の口唇が 前に突出しています。

上下の口唇が突出していますので、口もとが もっさりとした印象を与えてしまいます。

不機嫌そうに見えてしまいます。

叢生(八重歯)を伴う 上下顎前突症です。

表側からの矯正装置が 望ましいのですが、
お仕事の関係で どうしても装置を表から着けられないとの事で、
デメリットを理解して頂いたうえで 上顎のみ裏側から治療を行う事となりました。

上下左右の 抜歯を行い 前歯を後方に移動させました。

2017年の12月8日にスタートして2020年の6月16日に終 了しました。

治療期間は 30か月でした。(裏側は 治療期間が長くなりがちです)

八重歯は スッキリと歯列内へ 収まりました

上下の前歯は下がり、口もとの状態は改善されました

上下の口唇が大きく下がり、エステティックラインの内側に収まりました

口もと の出っ張り感も 解消され、お口が閉じやすくなったとの事です。

おとがい(下唇の下方の顎の部分)の緊張感が改善して

全体的に”スッキリ”とした口もとになりました。

口もとの 印象が 大きく変わり自信をもって笑える との事でした。

素敵な笑顔になりました! (#^.^#)

ありがたいことです。

35歳 女性 叢生を伴う 上下顎前突症  治療期間30か月 上顎は舌側(リンガル)装置、下顎は唇側矯正装置(ホワイトワイヤー)を使用した第一小臼歯の抜歯治療 参考治療費 約92万円 (精密検査から終了まで) 矯正治療に伴う副作用の歯肉退縮、知覚過敏、失活、歯根吸収などは認められませんでした。


23歳 女性「出っ歯、口もとを 下げたい」( 上下顎前突症 )

23歳の 女性です。
「出っ歯、口もとを 下げたい」との事で来院されました。

正面から見ると前歯の段差が目立ちます。このガチャガチャも気になるとの事です。

横からみると ずいぶんと 前歯が前に出てしまっています。

レントゲン写真でみても 上下の前歯が
前方に傾斜して押し出されるように並んでいます

このため、上下の口唇が 突出しています。

(お顔の写真の使用にはご本人の承諾を頂いています)

正面から見ると、口唇が前方に突出しています。


このため、不機嫌そうな お顔に見えてしまいます。

口もとの出っ張り感 が気になるそうです。
また、口もとが 出っ張って、お口が 閉じにくいそうです

油断すると前歯が出ているとの事でした。

笑った時の 前歯のガチャガチャも治したいそうです。

前歯が出たり、引っ込んだり あまり良い印象ではありません。

叢生を伴う 上顎前突症です

”出っ歯”と 口もとの 出っ張り感を治したいとの事で

上下左右の 小臼歯抜歯を行い 前歯を後方に移動させました。

2019年の1月26日にスタートして 、2020年の7月17日に 終 了 しました。

治療期間は 18か月でした。

上顎の前後的な距離が短くなりました。

この効果で上下の前歯が下がりました。

矯正治療の結果、前歯は 大きく下がり、”出っ歯”の状態は改善しました。

口唇がずいぶんと下がり、エステティックラインの内側に収まりました

口もと の出っ張り感も 解消され、お口が閉じやすくなったとの事です。

おとがい(顎)の緊張感が改善して

全体的に”スッキリ”とした口もとになりました。

笑顔の印象も大きく 大きく変わりました

素敵な笑顔になりました! (#^.^#)

ありがたいことです。

23歳 女性 叢生を伴う 上下顎前突症 治療期間18か月 唇側矯正装置(ホワイトワイヤー)を使用した上下顎第一小臼歯抜歯治療 参考治療費 約67万円 (精密検査から終了まで) 矯正治療に伴う副作用の歯肉退縮、知覚過敏、失活、歯根吸収などは認められませんでした。

 


インビザラインによる治療 39歳 女性「 歯をみせて笑いたい 」

39歳の 女性です
「 前歯のねじれを 治したい 」との事で来院されました。

前歯の となりの歯が 大きく 傾き ねじれ ています。

とくに右側は 歯列から飛び出しています。

上顎も下顎も段差や ねじれが多い状態です。

ご本人からは「とくに前歯のねじれ が気になって 笑えない 」 との事です。

いつも、口を大きく開けないように、歯を見せないように、
なるべく口を閉じて笑うように気をつけているそうです。

大人になってから、歯を見せて笑っている写真が全くないそうです。

歯ならびで、長期間これだけ苦しんでいる状況は
お話を聴くだけで 悲しく、つらいですね

(お顔の写真の使用にはご本人の承諾を頂いています)

検査時のこの写真も、ムリに歯をみせて笑って頂いています。

普段笑わないために口唇がうまく動かないようです。。

 

気づかれない 治療を希望との事で、インビザラインシステムを用いた治療を行いました。


(インビザラインのマウスピース装置を装着したところです)

2017年の6月16日にスタートして 2020年の6月30日に 終了しました

ご本人の体調不良などがあり、(現在はお元気です)

矯正治療を中断され、来院されなかった 期間が 1年以上ありました。
(中断されても、その時点から再開して問題なく治療は進みました)

このため、実際には 2年かからない程度の治療でした。

前歯の ねじれ は解消し、
歯列から飛び出していた 前歯はきれいに 整いました。

上顎の奥歯のズレも治りました。

前歯が整ったことで、口もとの 印象が 大きく変わり

素敵な笑顔になりました! (#^.^#)

治療の途中から 前歯のねじれが少しずつ改善してきて
来院するたびに 少しずつ、歯を見せて笑われるようになっていきました。

治療の終盤には、
お顔の筋肉( 表情筋 )が よく動くようになり、
お顔の雰囲気が柔らかくなっていきました。

歯を思いっきり見せて
気持ちよく 笑えるようになったそうです

これからも、末永く 明るい笑顔でお過ごしください

ありがたいことです。

29歳 女性 上下顎叢生 治療期間36か月(16か月の治療中断あり) マウスピース型矯正装置(インビザライン)を使用した非抜歯治療 参考治療費 約80万円 (精密検査から終了まで) 矯正治療に伴う副作用の歯肉退縮、知覚過敏、歯根吸収などは認められませんでした。


インビザラインによる治療 53歳 女性「 歯周病で ズレた 前歯を 整えたい 」

53歳の 女性です
「 歯周病で ズレてしまった 前歯を 整えたい 」との事で来院されました。

前歯にすき間が空いています。

前に傾いて 出っ歯の状態になっている歯もあります。

お話を伺うと、昔の前歯の状態と大きく変わってしまったそうです
以前は 隙間もなく、出っ歯の状態ではなかったそうです。

原因は 歯周病です。
歯周病になり 骨がさがり、歯茎がゆるみ、歯が揺れるようになってしまったとの事です
歯がゆれるために すき間ができ、歯が前に出てしまったそうです。

歯周病は 静かに進行するため、「前歯が出てきた気がする」とか
「この場所にすき間ってあったっけ?」って気づいた時点で
歯周病としてはかなり重症になっています。

歯周病の治療が 終了したので、前歯を きれいにしたい と思い来院されたそうです。

人前に出てお話をされる機会が多いため、いつも気になっていたそうです。

(お顔の写真の使用にはご本人の承諾を頂いています)

「ずいぶんと 勇気がいりました」との事でした。

治療を行うにあたり、人前で頻繁にお話や面談をされるとの事で、
気づかれない 治療を希望されました。


(インビザラインシステムのマウスピース装置をセットしたところです)

インビザラインシステムを用いた治療を行いました。

2018年の8月31日にスタートして 2019年の10月9日に 終 了しました。

治療期間は 14か月でした。

大きく開いていた前歯の すき間は解消し、きれいに 整いました。

”出っ歯”感 も解消しました。

口もとの 印象が 大きく変わり素敵な笑顔になりました! (#^.^#)

ありがたいことです。

53歳 女性 空隙を伴う上下顎叢生 治療期間14か月 マウスピース型矯正装置(インビザライン)を使用した非抜歯治療 参考治療費 約78万円 (精密検査から終了まで) 矯正治療に伴う副作用の歯肉退縮、知覚過敏、歯根吸収などは認められませんでした。


29歳 女性「出っ歯、口もとを 下げたい」( 上顎前突症 )

29歳の 女性です。
「出っ歯、口もとを 下げたい」との事で来院されました。

正面から見ても ”出っ歯” 感がありますが、

横からみると ずいぶんと 前歯が前に出てしまっています。

レントゲン写真でみても 上下の前歯が
前方に傾斜して押し出されるように並んでいます

このため、上下の口唇が 突出しています。
とくに 下唇はめくれるように前に出てしまっています。

(お顔の写真の使用にはご本人の承諾を頂いています)

正面から見ると、口唇が前方に突出しています。
このため、不機嫌そうな お顔に見えてしまいます。

ご本人にお話を伺うと、口もとの出っ張り感 が気になるそうです。
不機嫌そうにも勘違いされやすいそうです。

また、口もとが 出っ張って、お口が 閉じにくいそうです
油断すると前歯が出ているとの事でした。

叢生を伴う 上顎前突症です

”出っ歯”と 口もとの 出っ張り感を治したいとの事で

上下左右の 小臼歯抜歯を行い 前歯を後方に移動させました。

2018年の11月14日にスタートして
2020年の6月20日に 終 了 しました。

治療期間は 19か月でした。

上顎の前後的な距離が短くなりました。

この効果で上下の前歯が下がりました。

矯正治療の結果、前歯は 大きく下がり、”出っ歯”の状態は改善しました。

なんとか エステティックラインの内側に収まりました

口もと の出っ張り感も 解消され、お口が閉じやすくなったとの事です。

下唇のめくれや突出は改善されました。

おとがい(下唇の下方の顎の部分)の緊張感が改善しました。

全体的に”スッキリ”とした口もとになり、
久しぶりに会った人から「雰囲気が違うけど痩せた?」って聞かれることが多いそうです。

口もとの 印象が 大きく変わりました

素敵な笑顔になりました! (#^.^#)

治療の途中でご結婚されることが決まり
(前撮りの時はワイヤーを外しました)
(披露宴の時は装置を一旦撤去しました)
スケジュールの調整が大変そうでした (@_@;)

その後も、ご出産されたりと、
おめでたい事が続きこちらも嬉しい気持ちになりました。
末永くお幸せにお過ごしください (#^.^#)

ありがたいことです。

29歳 女性 叢生を伴う 上顎前突症 治療期間19か月 唇側矯正装置(ホワイトワイヤー)を使用した上下顎第一小臼歯抜歯治療 参考治療費 約67万円 (精密検査から終了まで) 矯正治療に伴う副作用の歯肉退縮、知覚過敏、失活、歯根吸収などは認められませんでした。