倉敷市の矯正歯科専門医院/インビザライン(マウスピース矯正)

お電話でお問い合わせください/みやび矯正歯科医院

反対咬合[受け口]

16歳 男性「受け口を治したい」( 反対咬合 )

16歳の男性です。

「受け口を治したい」との事で来院されました。

上下の前歯が逆になっています。右上の犬歯は八重歯の状態です。

叢生を伴う 反対咬合(受け口)です。

小さい頃から受け口だったそうです。
反対の歯ならびが、 お顔の印象に良くない影響を与えています。

(お顔の写真の使用にはご本人の承諾を頂いています。)

お母さん ご本人ともにずっと気にされていたそうですが、今回思い切って 来院されました。

ご本人にとって 口もとが 大きな コンプレックスになっていたそうです。

受け口の治療としては遅い開始時期です。

このため、骨格的な不正も認められます。

ワイヤーとゴムを使用した治療により反対咬合を修正しました。

 

2017年の6月27日にスタートして 2018年の10月2日に 終了 しました。

治療期間 16か月

受け口は すっかりと治り 口もとも大きく変わりました

「自信がなさそうな 表情だった息子が自信をつけて すっかりと 男前になった」と

お母さまは とても喜んで頂けました。

素敵な笑顔になりました!(#^.^#)

これから大学に進学されるそうです。

自信あふれる 笑顔で 明るい青春をお過ごしください (*´▽`*)

ありがたいことです。

 

 


19歳 女性「手術をしないで 受け口を治したい」( 骨格的な反対咬合 )

19歳の女性です。 「受け口を治したい」との事で来院されました。

88_口腔_2015年06月16日_152016_B

お口の中を診てみますと。。。 前歯は反対咬合そして右も左も全ての歯が逆被蓋

う~ん・・・  重度の反対咬合です。
骨格的な要因を有する反対咬合です

0088治療前後③スマイル - コピー - コピー - コピー
( お顔の写真の使用にはご本人の快諾を頂いています )

受け口の程度は非常に強く、骨の非対称、顎の偏位がある症例です

0088治療前後②右側面 - コピー - コピー (2)

下顎の骨の長さもずいぶんと長いです

本当は 顎の骨を切る手術を伴う矯正治療が必要な症例です。

手術を併用する矯正治療を行う事で、
無理なくしっかりとした噛み合わせにすることが出来ますし、
受け口のお顔の雰囲気をガラリと変えることが出来ます。

そこで、手術を併用する矯正治療についての説明を行いました。

0088初診時セファロ① - コピー

ご本人、親御さんとじっくりとお話をしましたところ

「手術はしたくない 」との事でした。

状況としましても、就職されたばかりで経済的にも仕事を覚えるためにも入院とかは出来ない
手術をしないで出来る限りのところまでで良いので治療して欲しいとの事でした。

ご本人や親御さんの強いご希望でした
手術をしないで噛み合わせの修正を行うことになりました。

矯正治療単独ですので お顔全体の雰囲気を変えることは出来ません。
治療結果にも限界があり、理想的には治らない事を説明してご理解を頂きました。

受け口を改善するために、上の顎を
機械的に広げるところから始めました。

その後、ワイヤーを用いて上下の歯並びのズレを改善しました。

 

88_口腔_2017年09月13日_115119_B

治療期間 26か月   正直言って甘い仕上がりです。。

2015年の7月14日にスタートして2017年の9月13日に 治療 終了

治療後のレントゲン写真です

0088治療後セファロ① - コピー
ゴム掛けなどご本人のご協力もあり、受け口は綺麗に治りました。

0088治療前後②右側面 - コピー

骨格的なズレは治せませんでしたので理想的な仕上がりではありません。

仕上がりが甘い事を説明しましたがご本人やご家族はその変化にご満足されていました。

0088治療前後③スマイル - コピー - コピー

素敵な笑顔になりました! (#^.^#)

ありがたいことです。

あなたの笑顔、輝かせませんか


26歳 男性 「受け口を治したい」 ( 非抜歯 反対咬合 )

26歳の男性です 「受け口を治したい」との事で来院されました。

150_口腔_2015年10月28日_113627_B

骨格的な要因を有する反対咬合です。

受け口の程度は比較的強く、難易度の高い症例です。

理想的には小児期に矯正治療により修正するべき症例です。

上の前歯に矮小歯(小さい歯)があるために、より反対の程度が大きくなっています。

 

お顔は上唇の張りが無く、下の唇も突出しています。

0150初診時終了時③スマイル - コピー

( お顔の写真の使用には患者さんの快諾を頂いています ♪ )

写真に写る時に笑顔で笑うのが苦手との事でした。

 

就職されたのを機に矯正治療を始めたいとの事でした。

ゴム掛けなどご本人の積極的なご協力もあり、

 

150_口腔_2017年07月14日_154140_B

受け口は綺麗に治りました。 (*’▽’)

 

治療期間 20か月

2015年の11月13日にスタートして
2017年の 7月14日に終了しました

治療前のレントゲン写真です

初診セファロ

治療後のレントゲン写真です

 

終了時セファロ-1

 

0150初診時終了時③スマイル

素敵な笑顔になりました! (#^.^#)

ご本人も自信を持って笑って頂けます。

 

アンケートを書いていただきました。

img211

ありがたいことです。

 


11歳 女性 「噛み合わせが反対で食事しにくい」( 前歯の欠損症例 )

11歳 女性です 「噛み合わせが反対で食事しにくい」との事で来院されました。

177_口腔_2016年02月12日_184042_B

前歯部と側方歯の 反対咬合(受け口)です。

じっくりと確認してみますと、左上側切歯がありません。
欠損でしょうか? 埋伏歯でしょうか?

こういった場合は歯科用CTで確認します。

 

0177 CBCT

 

 

とりあえず骨の中での交通事故のような最悪の出来事は起きていませんでした

https://www.miyabi-clinic.com/appliance/ct
↑ 参考 ↑ 稀に生じる交通事故のような出来事

左上側切歯(前から2番目の歯)は先天的な欠損歯であることが判明しました。

 

先天欠損とクロスバイトを伴う反対咬合症例

わきの歯がほとんど噛み合っていませんので食事はしにくいです。

1本歯が欠損していると歯並びが成立しなくなります。

欠損している歯のスペースを開けてキチンと排列しました。

177_口腔_2017年02月15日_175912_B

治療期間12か月

2016年の2月26日にスタートして
2017年の2月17日に終了しました。

反対咬合とクロスバイトは解消されました。 (#^.^#)

わきの歯はキッチリと噛み合いお食事がとても美味しくなったそうです。

欠損歯は将来的(成人してから)にインプラントなどの補綴処置を行う予定です。
現在は顎の成長に対応できるように暫間的な歯を装着しています。
0177治療前後③スマイル

スマイルラインが幅広くなり、素敵な笑顔になりました。 (#^.^#)

印象が全く違いますね

 

ありがたいことです。

治療後の感想を書いていただきました

img097

力の入った感想を書いていただきありがとうございました (#^.^#)

小説家を目指しているみたいで 流石です~

未来のベストセラー作家の誕生を心待ちにしています。 (*‘ω‘ *)