倉敷市の矯正歯科専門医院/インビザライン(マウスピース矯正)

お電話でお問い合わせください/みやび矯正歯科医院

新着情報

14歳 女性「咬めない 」( 開咬症 )

14歳の 女性です。
「 よく 咬めない 」との事で来院されました。

正中は大きくズレています。上下の歯の間に 隙間が空いています

横を見ると 右側の空隙は大きく空いて います。

レントゲンで確認すると 右下の歯が沈み込んでいます。
顎の骨も変形しています。

この不正咬合には明確な原因があります。

”舌” です。 舌を 上下の歯の間に入れて噛んでいたのです。

(お顔の写真の使用にはご本人の承諾を頂いています)

それだけでっ!?  って思いますが
毎日 長時間 何年間も続けていると 骨は簡単に変形します。

長年の 舌の悪癖で歯が動き、骨が変形して 開咬の状態になっています。

「お食事が 食べにくい」そうですが。。 左右の歯が ほとんど噛んでいません。

想像するだけで難しそうですね ~ 横から 食べ物がこぼれるそうです。

「冷麺とか ムリ」って言われていました。

顎の偏位を伴う 開咬症 です。

下顎の 歯を起き上がらせ  しっかりとした噛み合せをつくりました。

ズレも出来る限り解消しました。

噛み合わせが 良くなり お食事が しやすくなったそうです。

2017年の8月21日にスタートして  2019年の3月8日に 終 了しました。

治療期間 は19か月でした。

口もとの 印象が 大きく変わりました

素敵な笑顔になりました! (#^.^#)

” 舌 ” に気をつけて お過ごしください

ありがたいことです。

14歳 女性 悪習癖による開咬症、正中偏位 治療期間19か月 唇側矯正装置(ホワイトワイヤー)を使用した非抜歯治療 参考治療費 約66万円 (精密検査から終了まで) 矯正治療に伴う副作用の歯肉退縮、知覚過敏、失活、歯根吸収などは認められませんでした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です