倉敷市の矯正歯科専門医院/インビザライン(マウスピース矯正)

お電話でお問い合わせください/みやび矯正歯科医院

施術紹介

インビザラインによる治療 21歳 男性「 八重歯 を 治したい 」治療期間14か月

21歳の 男性です
「 ”八重歯” とガチャガチャを 治したい 」との事で来院されました。

2番目の歯が 裏に入っています

前歯の重なりや 上下の噛み合わせが逆になっている場所もあります

上顎の 横幅が狭く 歯ならびが細長い状態です

歯が かさなり傾斜しています。

ご本人からは「”八重歯” が気になって 笑いにくい」との事です

(お顔の写真の使用にはご本人の承諾を頂いています)

いつも、口を大きく開けないで 笑うように気をつけているそうです

クロスバイト、開咬を伴う 上下顎叢生です

気づかれない 治療を希望との事で、インビザラインシステムを用いた治療を行いました。

(インビザラインのマウスピース装置を装着したところです)

2019年の8月26日にスタートして 2020年の10月3日に 終了しました。

治療期間は 14か月でした。

上顎は 十分に広がり、きれいに排列されました。

傾き、重なっていた歯は きれいに 整いました。

前歯が整ったことで、口もとの 印象が 大きく変わりました。

素敵な笑顔になりました! (#^.^#)

歯をしっかりと見せて 気持ちよく 笑えるようになったそうです。

これからも、 明るい笑顔でお過ごしください

ありがたいことです。

21歳 男性 側方の開咬を伴う上下顎叢生 治療期間14か月 マウスピース型矯正装置(インビザライン)を使用した非抜歯治療 参考治療費 約78万円 (精密検査から終了まで) 矯正治療に伴う副作用の歯肉退縮、知覚過敏、歯根吸収などは認められませんでした。


24歳 女性「 八重歯を 治したい 」( 開咬、上下顎叢生 )

24歳の 女性です。
「 ”八重歯” を治して欲しい」との事で来院されました。

典型的な ”八重歯” の状態です。

左右ともに ”八重歯” の状態です。

犬歯が完全に歯列の外に 押し出されています。

治療前のレントゲン写真をみると、歯が バラバラな方向を向いて生えています。

何年も前から ”八重歯” がずっと気になっていたとの事で

(お顔の写真の使用にはご本人の承諾を頂いています)

「とにかく ”八重歯” を治してほしい」との事でした

側方歯の開咬、犬歯の唇側転位を伴う 上下顎叢生です。

「 ”八重歯” を 解消してほしい」との事で、

上下左右の小臼歯抜歯を行い、抜歯空隙に歯を移動、排列しました。

2019年4月26日にスタートして、2021年1月12日に終了しました。

治療期間は 21か月でした。

犬歯は歯列内へ きれいにならびました。

歯の傾き、重なりも解消され 揃いました。

”八重歯” はすっかり 解消しました。

素敵な笑顔になりました! (#^.^#)

ありがたいことです。

24歳 女性 側方歯の開咬を伴う 上下顎叢生 治療期間21か月 唇側矯正装置(ホワイトワイヤー)を使用した上下顎第一小臼歯抜歯治療 参考治療費 約68万円 (精密検査から終了まで) 矯正治療に伴う副作用の歯肉退縮、知覚過敏、失活、歯根吸収などは認められませんでした。


25歳 男性「 口もとを 下げたい 」( 上下顎前突症 )

25歳の 男性です。

最初は「前歯の すき間を 閉じてほしい」とのお話でした。

”すきっ歯” が気になるので 笑いにくいとの事

(お顔の写真の使用にはご本人の承諾を頂いています)

前歯の傾きと ねじれがあるため、歯をあまり見せたくないとの事でした。

 

すき間について 説明していると、ほかにも気になるところがあるとの事・・・

「口もとの ”もっさり感” が気になるのでどうにかしたい」との事でした

横からみると 上下の前歯が 前に出ています。

レントゲン写真で見ても 上下の前歯が 前方に傾斜して、唇を押し出しています。

このため、上下の口唇が エステティックラインからずいぶんと突出しています。

(お顔の写真の使用にはご本人の承諾を頂いています)

口もとの”もっさり感” がとても気になっていた との事です。

空隙歯列、Ⅲ級関係を伴う 上下顎前突症です

前歯のすき間と口もとの ”もっさり感” の両方を治療することにしました。

”口もとの もっさり感” を治したいとの事で上下左右の 小臼歯抜歯を行い 前歯を後方に移動させました。

2019年の2月22日にスタートして 、2020年の12月14日に 終 了 しました。

治療期間は 22か月でした。

抜歯を行ったことで、上下顎の前後的な距離が短くなりました。

この効果で上下の前歯が下がりました。

矯正治療の結果、上下の前歯は 大きく下がり、唇も下がりました。

口唇は、エステティックラインに近いところまで下がりました。

口もと の出っ張り感、”もっさり感” も 改善されました。

前歯のすき間、ねじれも完全に解消しました。

素敵な笑顔になりました! (#^.^#)

ありがたいことです。

25歳 男性 空隙AngleⅢ級関係を伴う 上下顎前突症 治療期間22か月 唇側矯正装置(ホワイトワイヤー)を使用した上下顎第一小臼歯抜歯治療 参考治療費 約68万円 (精密検査から終了まで) 矯正治療に伴う副作用の歯肉退縮、知覚過敏、失活、歯根吸収などは認められませんでした。


13歳 女性「 八重歯を 治したい 」( 上下顎叢生 )

13歳の 女性です。
お母さん、ご本人より「 ”八重歯” を治して欲しい」との事で来院されました。

典型的な ”八重歯” の状態です。

左右ともに ”八重歯” の状態です。

正面から 2番目の歯が 裏に入り込んでいます。

治療前のレントゲン写真をみると、歯が バラバラな方向を向いて生えています。

”八重歯” の影響で 唇に非対称性があります。

また、上唇と 下唇のバランスがとれていません。

(お顔の写真の使用にはご本人と保護者の承諾を頂いています)

何年も前から ”八重歯” がずっと気になっていたとの事で

お母さん、ご本人ともに「とにかく ”八重歯” を治してほしい」との事でした

(お顔の写真の使用にはご本人と保護者の承諾を頂いています)

永久歯に交換して「ようやく 矯正治療が できる!」とご本人は喜んでいました。

側切歯の口蓋側転位を伴う 上下顎叢生です。

「とにかく ”八重歯” を治してほしい」との事で、

上下左右の小臼歯抜歯を行い、抜歯空隙に歯を移動、排列しました。

2019年8月6日にスタートして、2020年12月22日に終了しました。

治療期間は16か月でした。

2番目の歯は歯列内へ きれいにならびました。 前後的にもコンパクトになりました。

歯の傾きも揃いました。

唇が左右対称の状態になりました。

上唇と下唇の バランスが整いすっきりとしました

下唇が少し出ていた感じも 修正され、口もとのぼってりとした雰囲気が改善しました。

”八重歯” はすっかり 解消しました。

お母さんにずいぶんと 喜んでいただけました。

素敵な笑顔になりました! (#^.^#)

ありがたいことです。

13歳 女性 側切歯の口蓋側転移を伴う 上下顎叢生 治療期間16か月 唇側矯正装置(ホワイトワイヤー)を使用した上下顎第一小臼歯抜歯治療 参考治療費 約68万円 (精密検査から終了まで) 矯正治療に伴う副作用の歯肉退縮、知覚過敏、失活、歯根吸収などは認められませんでした。


12歳 男性 「口もとを 下げてほしい」 上下顎前突症

12歳の 男性です。
母親より「口もとが出ていて とても気になるので 下げてほしい」との事で来院されました。

正面から見ると ”八重歯” に目がいきますが、

(お顔の写真の使用にはご本人と保護者の承諾を頂いています)

問題点はそこだけではありません。

横からみると ずいぶんと 歯が前に傾いて 出ています。

母親に 話を お聴きすると、小さいころから 口もとが出ていたけれど

最近になって、さらに 口もとが出てきた感じがするとの事。

レントゲン写真で見ても 上下の前歯が 前方に傾斜して、唇を押し出しています。

このため、上下の口唇が エステティックラインからずいぶんと突出しています。

(お顔の写真の使用にはご本人と保護者の承諾を頂いています)

前歯の傾きが 著しいために、口が完全に閉じられません。

口を閉じても 歯が見えてしまいます。

力を入れて口を閉じようとすると下顎に緊張感(ウメボシ)が出てしまいます。

(お顔の写真の使用にはご本人と保護者の承諾を頂いています)

口もとの”もっさり感” がとても気になって。。。母親はずっと悩んでいたとの事です。

とにかく、口もとを下げてほしいとの事でした。

叢生を伴う 上顎前突症です

「できるかぎり 口もとを下げてほしい」との事で上下左右の 小臼歯抜歯を行い 前歯を後方に移動させました。

中学受験が終わったタイミングで治療開始しました。(合格おめでとうございます!)

2019年3月27日にスタートして 2020年12月12日に終了しました。

治療期間は 21か月でした。

抜歯を行ったことで、上下の前歯が大きく下がりました。

矯正治療の結果、上下の前歯は 大きく下がり、唇も下がりました。

口唇は、エステティックラインに近いところまで下がりました。

口もと の出っ張り感も 改善されました。

口が完全に閉じられるようになりました。

口もとの ”もっさり感” は解消されました。

顎にできていた緊張感もなくなり、すっきりとした口もとになりました。

素敵な笑顔になりました! (#^.^#)

ありがたいことです。

12歳 男性 叢生を伴う 上下顎前突症 治療期間21か月 唇側矯正装置(ホワイトワイヤー)を使用した上下顎第一小臼歯抜歯治療 参考治療費 約68万円 (精密検査から終了まで) 矯正治療に伴う副作用の歯肉退縮、知覚過敏、失活、歯根吸収などは認められませんでした。


21歳 女性 「口もとを下げたい」 上下顎前突症

21歳の 女性です。「口もとを 下げたい。口もとの ”もっさり感” を治したい」との事で来院されました。

正面から見ると わかりにくいのですが、少し前歯が出ているようにも見えます。

横からみると ずいぶんと 前歯が前に出ています。

歯ならびは縦に長く前歯2本が ほかの歯よりも前に出ています。

レントゲン写真で見ても 上下の前歯が 前方に傾斜して、唇を押し出しています。

このため、上下の口唇が エステティックラインからずいぶんと突出しています。

(お顔の写真の使用にはご本人の承諾を頂いています)

前歯の傾きが 著しいために、口が完全に閉じられません。

口を閉じても 歯が見えてしまいます。

(お顔の写真の使用にはご本人の承諾を頂いています)

口もとの”もっさり感” がとても気になって。。。ずっと悩んでいたとの事です。

とにかく、口もとを下げてほしいとの事でした。

 

叢生を伴う 上顎前突症です

”出っ歯”を治したいとの事で上下左右の 小臼歯抜歯を行い 前歯を後方に移動させました。

2019年の4月19日にスタートして 、2020年の12月8日に 終 了 しました。

治療期間は 20か月でした。

抜歯を行ったことで、上下顎の前後的な距離が短くなりました。

この効果で上下の前歯が下がりました。

矯正治療の結果、上下の前歯は 大きく下がり、唇も下がりました。

口唇は、エステティックラインに近いところまで下がりました。

口もと の出っ張り感も 改善されました。

お口が完全に閉じられるようになりました。

口もとの ”もっさり感” は解消されました。

顎にできていた緊張感もなくなり、すっきりとした口もとになりました。

 

素敵な笑顔になりました! (#^.^#)

ありがたいことです。

21歳 女性 叢生を伴う 上下顎前突症 治療期間20か月 唇側矯正装置(ホワイトワイヤー)を使用した上下顎第一小臼歯抜歯治療 参考治療費 約68万円 (精密検査から終了まで) 矯正治療に伴う副作用の歯肉退縮、知覚過敏、失活、歯根吸収などは認められませんでした。


27歳 女性「八重歯、口もとを 下げたい」( 上下顎前突症 ・ 叢生 )

27歳の 女性です
「八重歯 と 口もとを下げたい」との事で来院されました。

”八重歯” の状態ですね。前歯のねじれ、段差も気になるそうです。

2番目の歯が 後ろに下がっています。

”八重歯” が気になって 笑いにくいそうです。

(お顔の写真の使用にはご本人の承諾を頂いています)

写真に写る時は、とくに気になるとの事でした

”八重歯”に注目してしまいますが、上下の前歯が前に出ています。

お口の中が 歯でいっぱいの状態です。

上下の前歯は それぞれ前方に傾斜しています。

このため、口もと(上下のくちびる)が前に出ています。

(お顔の写真の使用にはご本人の承諾を頂いています)

八重歯だけでなく、口もとの ”もっさり感” も気になっているとの事でした。

叢生を伴う 上下顎前突症 です

”八重歯”と 口もとの”もっさり感”を治したいとの事で

上下左右の 小臼歯抜歯を行い 前歯を排列し、後方に移動させました。

2019年の7月8日にスタートして2020年の9月14日に終了 しました

治療期間は 14か月 でした。

抜歯を行って  ”八重歯”を解消して前歯を後方に移動させました。

この効果で、上顎の前後的な 長さが短くなり、

上下の前歯が 下がりました

矯正治療の結果、上下の前歯は 大きく下がりました。

口唇は ずいぶんと下がり、エステティックラインの内側に収まりました。

口もとの ”もっさり感” は解消しました。

”八重歯” の状態は しっかりと 改善しました。

口もとの 雰囲気がずいぶんと 変わりました。

素敵な笑顔になりました! (#^.^#)

ありがたいことです。

27歳女性 叢生を伴う 上下顎前突症 治療期間14か月 唇側矯正装置(ホワイトワイヤー)を使用した上下顎第一小臼歯抜歯治療 参考治療費 約67万円 (精密検査から終了まで) 矯正治療に伴う副作用の歯肉退縮、知覚過敏、失活、歯根吸収などは認められませんでした。


44歳 男性「 出っ歯 すき間を 治したい 」( インビザラインを用いた症例 )

44歳の 男性です。
「”出っ歯 ” と 前歯のすき間を 治したい」との事で来院されました。

正面から見ても 明らかに 前歯が飛び出しています。

噛み合わせは ひじょうに深く 下の歯は上の歯ぐきを噛んでいるような状態です。

前歯の間に すき間が 多数あり ”すきっ歯” の状態です。

前歯は 大きく 前に傾いて激しい ”出っ歯” の状態になっています。

上の前歯が 前に出ているために 唇も前に出ています。

”出っ歯” と すき間が 気になって 笑いにくいとの事です。

(お顔の写真の使用にはご本人の承諾を頂いています)

この方、昔から(小さい頃から)前歯がず~っと気になっていたそうです。

 

今回、なぜ矯正治療に踏み切ったのか聴いてみると、

娘さんから『 恥ずかしいから 前歯治してよ! 』 と言われたとの事、

ご本人は 「ショックを受けた」そうですが、

良い機械なので矯正治療を行う事にしたそうです。

 

気づかれない 治療を希望との事で、適応症例でもあったため、

インビザラインシステムを用いた治療を行いました。

(インビザラインのマウスピース装置を装着したところです)

2019年の7月3日にスタートして 2020年の9月23日に 終了しました

治療期間は 15か月でした。

前歯の すき間は、完全に閉じました。

噛み合わせも浅くなり、”出っ歯” 感が解消しました。

突出していた前歯の傾きが 正常になりました。

前歯が整ったことで、口もとの 印象が 大きく変わり

素敵な笑顔になりました! (#^.^#)

治療の途中から 前歯のすき間と ”出っ歯” が 少しずつ改善してきて

「マウスピースを交換するのが 楽しくなってきた!」 と言われていました。

ありがたいことです。

44歳 男性 空隙を伴う上顎前突症 治療期間15か月 マウスピース型矯正装置(インビザライン)を使用した非抜歯治療 参考治療費 約79万円 (精密検査から終了まで) 矯正治療に伴う副作用の歯肉退縮、知覚過敏、歯根吸収などは認められませんでした。