倉敷市の矯正歯科専門/インビザライン

お電話でお問い合わせください/みやび矯正歯科医院

新着情報

夏期休暇の お知らせ

8月8日(火曜)から8月14日(月曜)まで休診となります。

8月15日(火曜)より通常診療となりますので宜しくお願い致します。

なお 緊急の場合は ホームページのお問い合わせメールフォームよりご連絡下さい

メールフォームは毎日確認していますので折り返しで連絡いたします。

必ず 携帯電話などの連絡先を記載して下さい。


28歳 女性「 口ゴボ を治してほしい 」 17か月(上下顎前突症)

28歳の 女性です。
「 口ゴボ を治してほしい 」との事で来院されました。

ぱっと見、歯ならびはキレイで問題がなさそうに見えますね。

ところが、横から見ると

口ゴボ治療前

前歯が かなり出ています。 ”出っ歯” の状態です。

上下の歯は前に傾斜して、顎の骨ごと前に傾斜しています。

なぜでしょう?

今回の場合、原因は2つ考えられます。

1つ目は、歯の1本、1本が大き過ぎるため、前に押し出されて 歯ならびが、前後に長くなっていること。

2つ目は、舌で歯を習慣的に触っていたこと(治療と同時に舌のトレーニングも行います)

口ゴボ治療前

通常よりかなり歯ならびが 前後に長いです。

この影響で ”出っ歯” になっていています。

このため、口もとが出ていて、あごが 無いように見えます。

口ゴボ治療前

かなり、口が閉じにくいそうです。厳密にいうと口は閉じきれていません。

レントゲン写真を見てみると、

口ゴボ治療前

上の歯が それぞれ前方に大きく傾斜して、前に押し出されています。

E-ラインからも上下口唇が出てしまっています。

横顔を見てみると、

上下の口唇が 突出しています。歯によって唇が押し出されている影響です。

口ゴボ治療前

(お顔の写真の使用にはご本人の承諾を頂いています)

あごが 無い状態です。

上下の口唇が前に飛び出しているため、鼻が低く見えてしまいます。

典型的な ”口ゴボ” の状態ですね。 「口もとを下げて欲しい」との事でした。

正面から見た時の、口もとの出っ張り感も気になります。

口ゴボ治療前

(お顔の写真の使用にはご本人の承諾を頂いています)

力を入れないと、いつも歯が見えて口が閉じきれません。

力を入れて口を閉じているため、下あごにシワ(緊張感)が目立ってしまいます。

前歯の傾きが 大きいため、口もと(鼻の下、下唇)が出っ張っています。

「口もとを下げたい、”口ゴボ”を 直してほしい」との事でした。

前歯の 傾きによって、”出っ歯” になっています。

口ゴボ治療前

(お顔の写真の使用にはご本人の承諾を頂いています)

写真よりも実際は前歯が出ている感じがあり、歯を見せて笑いにくいとの事です。

「”出っ歯”も治してほしい」との事です。

叢生を伴う 上下顎前突症です

”口ゴボ”と、”出っ歯”を治すために上下顎左右の小臼歯抜歯を行い、前歯を後方に移動させました。

2021年の11月22日にスタートして 、2023年の4月24日に 終 了 しました。

治療期間は17か月でした。

抜歯を行ったことで、前歯が下がり、上顎の前後的な距離が適正になりました。

同じように 下あごも、抜歯の空隙に歯を移動することにより前後的な距離が短くなり、適正な長さになりました。

口ゴボ治療前後

上下の顎が適正な長さになった、この効果で上下の前歯が下がりました。

治療前後で前歯の傾斜がかなり改善しました。

レントゲン写真で確認しても上下の前歯は 大きく下がり、

口ゴボ治療後

前に飛び出していた上下の前歯の傾きが正常化しました。

上下の口唇もかなり下がりました。

口ゴボ治療後

口もとの飛び出した感じもなくなり、鼻の下、下唇の形が整いました。

歯ならび が変化したことで、口唇が大きく変化しました。

口ゴボ治療前後

上下の口唇が大きく下がり、あごのラインが綺麗になりました。(あごが できました。)

口ゴボ治療後

口もと の出っ張り感が 解消され、自然に お口が閉じられるように なりました。

口ゴボ治療前後

口もとが上下ともに下がった効果で、鼻が高くなったかのように見えますね。(鼻の高さは変わりません)

口ゴボ治療前後

”おとがい”の緊張感も解消し、口もとの ”もっさり感” が解消しました。

口ゴボ治療後

自然に口が閉じられるようになり、

口もと(鼻の下、下唇)の出っ張っている感じが解消しました。

口もとが 下がり、”口ゴボ” ではなくなり、スッキリとした印象のお顔になりました。

ご本人もたいへんに満足され、喜ばれていました。

素敵な笑顔になりました! (#^.^#) 自信をもって思いっ切り笑ってください。

ありがたいことです。

28歳 女性 叢生を伴う 上下顎前突症 治療期間17か月 唇側矯正装置(ホワイトワイヤー)を使用した上下顎第一小臼歯抜歯治療 参考治療費 約67万円(消費税込み73万円) (精密検査から終了まで) 矯正治療に伴う副作用の歯肉退縮、知覚過敏、失活、歯根吸収などは認められませんでした。


28歳 女性「 口ゴボ を治してほしい 」 17か月(上下顎前突症)

28歳の 女性です。
「 口ゴボ を治してほしい 」との事で来院されました。

ぱっと見、歯ならびはキレイで問題がなさそうに見えますね。

ところが、横から見ると

口ゴボ治療前

前歯が かなり出ています。 ”出っ歯” の状態です。

上下の歯は前に傾斜して、顎の骨ごと前に傾斜しています。

なぜでしょう?

今回の場合、原因は2つ考えられます。

1つ目は、歯の1本、1本が大き過ぎるため、前に押し出されて 歯ならびが、前後に長くなっていること。

2つ目は、舌で歯を習慣的に触っていたこと(治療と同時に舌のトレーニングも行います)

口ゴボ治療前

通常よりかなり歯ならびが 前後に長いです。

この影響で ”出っ歯” になっていています。

このため、口もとが出ていて、あごが 無いように見えます。

口ゴボ治療前

かなり、口が閉じにくいそうです。厳密にいうと口は閉じきれていません。

レントゲン写真を見てみると、

口ゴボ治療前

上の歯が それぞれ前方に大きく傾斜して、前に押し出されています。

E-ラインからも上下口唇が出てしまっています。

横顔を見てみると、

上下の口唇が 突出しています。歯によって唇が押し出されている影響です。

口ゴボ治療前

(お顔の写真の使用にはご本人の承諾を頂いています)

あごが 無い状態です。

上下の口唇が前に飛び出しているため、鼻が低く見えてしまいます。

典型的な ”口ゴボ” の状態ですね。 「口もとを下げて欲しい」との事でした。

正面から見た時の、口もとの出っ張り感も気になります。

口ゴボ治療前

(お顔の写真の使用にはご本人の承諾を頂いています)

力を入れないと、いつも歯が見えて口が閉じきれません。

力を入れて口を閉じているため、下あごにシワ(緊張感)が目立ってしまいます。

前歯の傾きが 大きいため、口もと(鼻の下、下唇)が出っ張っています。

「口もとを下げたい、”口ゴボ”を 直してほしい」との事でした。

前歯の 傾きによって、”出っ歯” になっています。

口ゴボ治療前

(お顔の写真の使用にはご本人の承諾を頂いています)

写真よりも実際は前歯が出ている感じがあり、歯を見せて笑いにくいとの事です。

「”出っ歯”も治してほしい」との事です。

叢生を伴う 上下顎前突症です

”口ゴボ”と、”出っ歯”を治すために上下顎左右の小臼歯抜歯を行い、前歯を後方に移動させました。

2021年の11月22日にスタートして 、2023年の4月24日に 終 了 しました。

治療期間は17か月でした。

抜歯を行ったことで、前歯が下がり、上顎の前後的な距離が適正になりました。

同じように 下あごも、抜歯の空隙に歯を移動することにより前後的な距離が短くなり、適正な長さになりました。

口ゴボ治療前後

上下の顎が適正な長さになった、この効果で上下の前歯が下がりました。

治療前後で前歯の傾斜がかなり改善しました。

レントゲン写真で確認しても上下の前歯は 大きく下がり、

口ゴボ治療後

前に飛び出していた上下の前歯の傾きが正常化しました。

上下の口唇もかなり下がりました。

口ゴボ治療後

口もとの飛び出した感じもなくなり、鼻の下、下唇の形が整いました。

歯ならび が変化したことで、口唇が大きく変化しました。

口ゴボ治療前後

上下の口唇が大きく下がり、あごのラインが綺麗になりました。(あごが できました。)

口ゴボ治療後

口もと の出っ張り感が 解消され、自然に お口が閉じられるように なりました。

口ゴボ治療前後

口もとが上下ともに下がった効果で、鼻が高くなったかのように見えますね。(鼻の高さは変わりません)

口ゴボ治療前後

”おとがい”の緊張感も解消し、口もとの ”もっさり感” が解消しました。

口ゴボ治療後

自然に口が閉じられるようになり、

口もと(鼻の下、下唇)の出っ張っている感じが解消しました。

口もとが 下がり、”口ゴボ” ではなくなり、スッキリとした印象のお顔になりました。

ご本人もたいへんに満足され、喜ばれていました。

素敵な笑顔になりました! (#^.^#) 自信をもって思いっ切り笑ってください。

ありがたいことです。

28歳 女性 叢生を伴う 上下顎前突症 治療期間17か月 唇側矯正装置(ホワイトワイヤー)を使用した上下顎第一小臼歯抜歯治療 参考治療費 約67万円(消費税込み73万円) (精密検査から終了まで) 矯正治療に伴う副作用の歯肉退縮、知覚過敏、失活、歯根吸収などは認められませんでした。


直島の旅

直島で働く友人に直島のミュージアムを案内してもらいました

もともと、アートが好きで

直島は何度も行っていますが

アーティストである友人に案内してもらう直島は

また違った楽しさがありました

以前来た時にはなかった

新しい作品もあり、久しぶりに直島を満喫する事が出来ました

こんなにも近くに日常を忘れさせてくれる場所があることに感謝です

ジャックさん、ありがとう🌿


19歳 男性「 口もと、”出っ歯”を治してほしい 」23か月(上顎前突症)

19歳の 男性です
「 口もとを 下げたい、”出っ歯”を 治したい 」との事で来院されました。

正面から見ても、前歯が出ているように見えます。

前歯2本がとくに出ています。段差やねじれも気になります。

横からみると、前歯が かなり出ています。

この影響で 口もとが出ていて、力を入れないと 口が閉じられません。

”おとがい”(顎の部分)に緊張感が出てしまいます。あごが 無いようにも見えます。

この横顔の 原因は 歯です(歯ならび)。

歯の1本 1本が大き過ぎるために、歯ならびは縦に長くなっています。

レントゲン写真で見ると 上下の前歯が 前方に傾斜して、押し出されています

前歯の傾きが 大きいため、口もとが出っ張っています。

(お顔の写真の使用にはご本人の承諾を頂いています)

自然には口が閉じられれず、いつも歯が見えてしまいます。

下唇の形( 厚い唇 )も気になります。

口もとの ”もっさり” とした感じが気になるので 「口もとを 下げてほしい」との事でした。

横顔をみると 上下の口唇が 突出しています。

(お顔の写真の使用にはご本人の承諾を頂いています)

とくに下唇がめくれるように 前に出ています。歯(歯ならび)の影響です。

前歯の傾きや ”出っ歯”感が気になってしまい、歯を見せて笑いにくいとの事です。

(お顔の写真の使用にはご本人の承諾を頂いています)

叢生を伴う 上顎前突症です。

口もとを下げたいとの事で、上下左右の小臼歯抜歯を行い 前歯を後方に移動させました。

2020年の12月9日にスタートして 、2021年の11月7日に 終 了 しました。

治療期間は23か月でした。

抜歯を行ったことで、上顎の前後的な距離が短くなりました。

同じように、下顎も抜歯を行った事で、前後的な距離が短くなりました。

この効果で上下の前歯が下がりました。

矯正治療の結果、上下の前歯は 大きく下がりました。

歯ならび が変化したことで、口唇が大きく変化しました。

とくに下唇が大きく下がり、あごのラインが綺麗になりました。(あごが できました。)

口もと の出っ張り感が 解消されました。

自然に お口が閉じられるように なり、下唇の形が良くなりました。

”おとがい”の緊張感が解消し、口もとの ”もっさり感” が解消しました。

口もとが 下がり、スッキリとした印象のお顔になりました。

前歯の傾きによる ”出っ歯感” が 解消しました。前歯のねじれや段差も治りました。

素敵な笑顔になりました! (#^.^#) 自信をもって思いっ切り笑ってください。

ありがたいことです。

19歳 男性 叢生を伴う 上顎前突症 治療期間23か月 唇側矯正装置(ホワイトワイヤー)を使用した上下顎第一小臼歯抜歯治療 参考治療費 約67万円(消費税込み73万円) (精密検査から終了まで) 矯正治療に伴う副作用の歯肉退縮、知覚過敏、失活、歯根吸収などは認められませんでした。

 


19歳 男性「 口もと、”出っ歯”を治してほしい 」23か月(上顎前突症)

19歳の 男性です
「 口もとを 下げたい、”出っ歯”を 治したい 」との事で来院されました。

正面から見ても、前歯が出ているように見えます。

前歯2本がとくに出ています。段差やねじれも気になります。

横からみると、前歯が かなり出ています。

この影響で 口もとが出ていて、力を入れないと 口が閉じられません。

”おとがい”(顎の部分)に緊張感が出てしまいます。あごが 無いようにも見えます。

この横顔の 原因は 歯です(歯ならび)。

歯の1本 1本が大き過ぎるために、歯ならびは縦に長くなっています。

レントゲン写真で見ると 上下の前歯が 前方に傾斜して、押し出されています

前歯の傾きが 大きいため、口もとが出っ張っています。

(お顔の写真の使用にはご本人の承諾を頂いています)

自然には口が閉じられれず、いつも歯が見えてしまいます。

下唇の形( 厚い唇 )も気になります。

口もとの ”もっさり” とした感じが気になるので 「口もとを 下げてほしい」との事でした。

横顔をみると 上下の口唇が 突出しています。

(お顔の写真の使用にはご本人の承諾を頂いています)

とくに下唇がめくれるように 前に出ています。歯(歯ならび)の影響です。

前歯の傾きや ”出っ歯”感が気になってしまい、歯を見せて笑いにくいとの事です。

(お顔の写真の使用にはご本人の承諾を頂いています)

叢生を伴う 上顎前突症です。

口もとを下げたいとの事で、上下左右の小臼歯抜歯を行い 前歯を後方に移動させました。

2020年の12月9日にスタートして 、2021年の11月7日に 終 了 しました。

治療期間は23か月でした。

抜歯を行ったことで、上顎の前後的な距離が短くなりました。

同じように、下顎も抜歯を行った事で、前後的な距離が短くなりました。

この効果で上下の前歯が下がりました。

矯正治療の結果、上下の前歯は 大きく下がりました。

歯ならび が変化したことで、口唇が大きく変化しました。

とくに下唇が大きく下がり、あごのラインが綺麗になりました。(あごが できました。)

口もと の出っ張り感が 解消されました。

自然に お口が閉じられるように なり、下唇の形が良くなりました。

”おとがい”の緊張感が解消し、口もとの ”もっさり感” が解消しました。

口もとが 下がり、スッキリとした印象のお顔になりました。

前歯の傾きによる ”出っ歯感” が 解消しました。前歯のねじれや段差も治りました。

素敵な笑顔になりました! (#^.^#) 自信をもって思いっ切り笑ってください。

ありがたいことです。

19歳 男性 叢生を伴う 上顎前突症 治療期間23か月 唇側矯正装置(ホワイトワイヤー)を使用した上下顎第一小臼歯抜歯治療 参考治療費 約67万円(消費税込み73万円) (精密検査から終了まで) 矯正治療に伴う副作用の歯肉退縮、知覚過敏、失活、歯根吸収などは認められませんでした。

 


噛めない!「 手術しないで治してほしい 」24歳 女性 骨格性開咬

24歳の 女性です
「 噛めないので、治してほしい 」との事で来院されました。

何件かの歯科医院で相談をされたそうですが、どこに行っても「手術をしないと治せない」と言われたそうです。

正面から見たところです。 噛んでいます。

奥歯は接触していますし、口を開けている訳ではありません。

とにかく 噛めないとの頃、この状態では噛めないですよね~

どうやって食事をされているのか、とても不思議に感じます。

28本の歯のうち、奥歯6本しか噛んでいません。

22本の歯が噛むこともできず、宙に浮いている訳です。

高校を卒業されたころから急に開いてきたそうです。

骨格的な 開咬の状態で、顎が下方向に 開いてしまっています。

骨格が開いていますので、下顔面が縦に長くなっています。

顔が間延びしてしまい、横顔のバランスが良くありません。

口が大きく開いていて、閉じられません

(写真の使用にはご本人の承諾を頂いています)

「噛めない」ので、「噛まない」、「噛まない」から、筋力が低下してさらに「噛めなくなる」

まさに、悪循環です。

(筋力低下と舌の癖による顎の骨の変形が見られます)

また、開いた歯の隙間に舌を入れることによって、さらに開いてきている状況です。

筋力の低下が著しく、口もとが緩んでいる印象を受けます。

(写真の使用にはご本人の承諾を頂いています)

噛む筋肉が弱いため、頬に力が入りません。

お顔は 不自然に面長(おもなが)で、縦に伸ばされたような状態です。

(写真の使用にはご本人の承諾を頂いています)

口もとが緩い印象を受けます。(年齢的にも頬に張りがなさすぎます)

表情に力が入りません。目にも力が入っていません。

「手術しないで、噛めるように 治してほしい 」との事です。

色々な歯科医院で相談をしても、どこに行っても「手術しないとムリ」と言われて怖くなっていたそうです。

矯正治療の開始です。 咀嚼筋のトレーニングも同時に行いました。

治療開始5カ月です。歯が並んできたので一時的に開いているようにみえます。

治療開始9カ月後です。筋肉のトレーニングとゴムかけの効果が出てきています。

ご本人の努力の賜物です。

2020年11月17日にスタートして、2022年5月20日に終 了しました。

治療期間は19か月でした。

下の写真は治療終了後6か月時点のものです。

治療後半年経過しても、舌と筋肉のトレーニングの成果で、開いてきていません。

しっかりと、噛みあって閉じています。

 

下顔面の長さも、適正になりました。

顎が閉じる方向に回転して、綺麗に開咬が治っています。

筋力が強化されたため、頬に張りがでました。

下顔面が 適正な長さになり、横顔のバランスが 整いました。

筋力が向上したことで、しっかりと、噛めるようになりました。

表情に 豊かさが出て、しっかりと笑えるようになりました。

下顔面の長さが短くなり、お顔のバランスが良くなりました

頬に張りがでました。 目にも力が入るようになりました。

不自然に面長(おもなが)な印象はなくなり、バランスのとれたお顔になりました。

ご本人の努力もあり、無事に手術なしで綺麗に治すことができました。

ありがたいことです

24歳 女性 骨格的要因を伴う 開咬症 治療期間19か月 唇側矯正装置(ホワイトワイヤー)を使用した非抜歯治療 参考治療費 約67万円(消費税込み73万円) (精密検査から終了まで) 矯正治療に伴う副作用の歯肉退縮、知覚過敏、失活、歯根吸収などは認められませんでした。


噛めない!「 手術しないで治してほしい 」24歳 女性 骨格性開咬

24歳の 女性です
「 噛めないので、治してほしい 」との事で来院されました。

何件かの歯科医院で相談をされたそうですが、どこに行っても「手術をしないと治せない」と言われたそうです。

正面から見たところです。 噛んでいます。

奥歯は接触していますし、口を開けている訳ではありません。

とにかく 噛めないとの頃、この状態では噛めないですよね~

どうやって食事をされているのか、とても不思議に感じます。

28本の歯のうち、奥歯6本しか噛んでいません。

22本の歯が噛むこともできず、宙に浮いている訳です。

高校を卒業されたころから急に開いてきたそうです。

骨格的な 開咬の状態で、顎が下方向に 開いてしまっています。

骨格が開いていますので、下顔面が縦に長くなっています。

顔が間延びしてしまい、横顔のバランスが良くありません。

口が大きく開いていて、閉じられません

(写真の使用にはご本人の承諾を頂いています)

「噛めない」ので、「噛まない」、「噛まない」から、筋力が低下してさらに「噛めなくなる」

まさに、悪循環です。

(筋力低下と舌の癖による顎の骨の変形が見られます)

また、開いた歯の隙間に舌を入れることによって、さらに開いてきている状況です。

筋力の低下が著しく、口もとが緩んでいる印象を受けます。

(写真の使用にはご本人の承諾を頂いています)

噛む筋肉が弱いため、頬に力が入りません。

お顔は 不自然に面長(おもなが)で、縦に伸ばされたような状態です。

(写真の使用にはご本人の承諾を頂いています)

口もとが緩い印象を受けます。(年齢的にも頬に張りがなさすぎます)

表情に力が入りません。目にも力が入っていません。

「手術しないで、噛めるように 治してほしい 」との事です。

色々な歯科医院で相談をしても、どこに行っても「手術しないとムリ」と言われて怖くなっていたそうです。

矯正治療の開始です。 咀嚼筋のトレーニングも同時に行いました。

治療開始5カ月です。歯が並んできたので一時的に開いているようにみえます。

治療開始9カ月後です。筋肉のトレーニングとゴムかけの効果が出てきています。

ご本人の努力の賜物です。

2020年11月17日にスタートして、2022年5月20日に終 了しました。

治療期間は19か月でした。

下の写真は治療終了後6か月時点のものです。

治療後半年経過しても、舌と筋肉のトレーニングの成果で、開いてきていません。

しっかりと、噛みあって閉じています。

 

下顔面の長さも、適正になりました。

顎が閉じる方向に回転して、綺麗に開咬が治っています。

筋力が強化されたため、頬に張りがでました。

下顔面が 適正な長さになり、横顔のバランスが 整いました。

筋力が向上したことで、しっかりと、噛めるようになりました。

表情に 豊かさが出て、しっかりと笑えるようになりました。

下顔面の長さが短くなり、お顔のバランスが良くなりました

頬に張りがでました。 目にも力が入るようになりました。

不自然に面長(おもなが)な印象はなくなり、バランスのとれたお顔になりました。

ご本人の努力もあり、無事に手術なしで綺麗に治すことができました。

ありがたいことです

24歳 女性 骨格的要因を伴う 開咬症 治療期間19か月 唇側矯正装置(ホワイトワイヤー)を使用した非抜歯治療 参考治療費 約67万円(消費税込み73万円) (精密検査から終了まで) 矯正治療に伴う副作用の歯肉退縮、知覚過敏、失活、歯根吸収などは認められませんでした。