倉敷市の矯正歯科専門医院/インビザライン(マウスピース矯正)

お電話でお問い合わせください/みやび矯正歯科医院

新着情報

14歳 女性「出っ歯、口もとを 下げたい」( 上下顎前突症 )

14歳の 女性です。
「出っ歯、口もとを 下げたい」との事で来院されました。

正面から見ると前歯の段差とねじれがあります。

横からみると ずいぶんと 前歯が前に出てしまっています。

レントゲン写真で見ても 上下の前歯が
前方に傾斜して押し出されるように並んでいます

このため、上下の口唇が 突出しています。

(お顔の写真の使用にはご本人の承諾を頂いています)

正面から見ると、口唇が前方に突出しています。

このため、不機嫌そうな お顔に見えてしまいます。

口もとの出っ張り感 が気になるそうです。
また、口もとが 出っ張って、お口が 閉じられないそうです

お口が完全に閉じられず、常に 前歯が出てしまいます。

叢生を伴う 上顎前突症です

”出っ歯”と 口もとの 出っ張り感を治したいとの事で

上下左右の 小臼歯抜歯を行い 前歯を後方に移動させました。

2018年の12月28日にスタートして 、2020年の8月14日に 終 了 しました。

治療期間は 20か月でした。

上顎の前後的な距離が短くなりました。

この効果で上下の前歯が下がりました。

矯正治療の結果、前歯は 大きく下がり、”出っ歯”の状態は改善しました。

口唇がずいぶんと下がり、エステティックラインの内側に収まりました

口もと の出っ張り感も 解消され、お口が閉じやすくなったとの事です。

おとがい(顎)の緊張感が改善して

全体的に”スッキリ”とした口もとになりました。

素敵な笑顔になりました! (#^.^#)

ありがたいことです。

14歳 女性 叢生を伴う 上下顎前突症 治療期間20か月 唇側矯正装置(ホワイトワイヤー)を使用した上下顎第一小臼歯抜歯治療 参考治療費 約67万円 (精密検査から終了まで) 矯正治療に伴う副作用の歯肉退縮、知覚過敏、失活、歯根吸収などは認められませんでした。

 


14歳 女性「出っ歯、口もとを 下げたい」( 上下顎前突症 )

14歳の 女性です。
「出っ歯、口もとを 下げたい」との事で来院されました。

正面から見ると前歯の段差とねじれがあります。

横からみると ずいぶんと 前歯が前に出てしまっています。

レントゲン写真で見ても 上下の前歯が
前方に傾斜して押し出されるように並んでいます

このため、上下の口唇が 突出しています。

(お顔の写真の使用にはご本人の承諾を頂いています)

正面から見ると、口唇が前方に突出しています。

このため、不機嫌そうな お顔に見えてしまいます。

口もとの出っ張り感 が気になるそうです。
また、口もとが 出っ張って、お口が 閉じられないそうです

お口が完全に閉じられず、常に 前歯が出てしまいます。

叢生を伴う 上顎前突症です

”出っ歯”と 口もとの 出っ張り感を治したいとの事で

上下左右の 小臼歯抜歯を行い 前歯を後方に移動させました。

2018年の12月28日にスタートして 、2020年の8月14日に 終 了 しました。

治療期間は 20か月でした。

上顎の前後的な距離が短くなりました。

この効果で上下の前歯が下がりました。

矯正治療の結果、前歯は 大きく下がり、”出っ歯”の状態は改善しました。

口唇がずいぶんと下がり、エステティックラインの内側に収まりました

口もと の出っ張り感も 解消され、お口が閉じやすくなったとの事です。

おとがい(顎)の緊張感が改善して

全体的に”スッキリ”とした口もとになりました。

素敵な笑顔になりました! (#^.^#)

ありがたいことです。

14歳 女性 叢生を伴う 上下顎前突症 治療期間20か月 唇側矯正装置(ホワイトワイヤー)を使用した上下顎第一小臼歯抜歯治療 参考治療費 約67万円 (精密検査から終了まで) 矯正治療に伴う副作用の歯肉退縮、知覚過敏、失活、歯根吸収などは認められませんでした。

 


14歳 女性「出っ歯、口もとを 下げたい」( 上下顎前突症 )

14歳の 女性です。
「出っ歯、口もとを 下げたい」との事で来院されました。

正面から見ると前歯の段差とねじれがあります。

横からみると ずいぶんと 前歯が前に出てしまっています。

レントゲン写真で見ても 上下の前歯が
前方に傾斜して押し出されるように並んでいます

このため、上下の口唇が 突出しています。

(お顔の写真の使用にはご本人の承諾を頂いています)

正面から見ると、口唇が前方に突出しています。

このため、不機嫌そうな お顔に見えてしまいます。

口もとの出っ張り感 が気になるそうです。
また、口もとが 出っ張って、お口が 閉じられないそうです

お口が完全に閉じられず、常に 前歯が出てしまいます。

叢生を伴う 上顎前突症です

”出っ歯”と 口もとの 出っ張り感を治したいとの事で

上下左右の 小臼歯抜歯を行い 前歯を後方に移動させました。

2018年の12月28日にスタートして 、2020年の8月14日に 終 了 しました。

治療期間は 20か月でした。

上顎の前後的な距離が短くなりました。

この効果で上下の前歯が下がりました。

矯正治療の結果、前歯は 大きく下がり、”出っ歯”の状態は改善しました。

口唇がずいぶんと下がり、エステティックラインの内側に収まりました

口もと の出っ張り感も 解消され、お口が閉じやすくなったとの事です。

おとがい(顎)の緊張感が改善して

全体的に”スッキリ”とした口もとになりました。

素敵な笑顔になりました! (#^.^#)

ありがたいことです。

14歳 女性 叢生を伴う 上下顎前突症 治療期間20か月 唇側矯正装置(ホワイトワイヤー)を使用した上下顎第一小臼歯抜歯治療 参考治療費 約67万円 (精密検査から終了まで) 矯正治療に伴う副作用の歯肉退縮、知覚過敏、失活、歯根吸収などは認められませんでした。

 


アートは心のビタミン

猪熊弦一郎美術館 へ行きました

前回行った時は工事中で中に入れなかったので

念願かなって、やっと入ることが出来ました

入り口では面白いオブジェが出迎えてくれます

美術館の中では自由に写真撮影出来ます

猪熊弦一郎さんの言葉

『アートは心のビタミン』

まさにその通り、私の心のビタミンになりました

そして、骨つき鳥 を食べて帰りました

充実した一日でした


35歳 女性 「 八重歯 , 口もと を治したい」 ( ハーフリンガル装置 )

35歳の 女性 です
「 八重歯 と口もとを治したい」との事で来院されました。

典型的な ”八重歯”です。

正面から2番目の歯が裏に入っているため”八重歯”感が強調されてしまいます 。

人とお話をする時に ”八重歯” が気になって笑いずらいとのことでした。

(お顔の写真の使用にはご本人の承諾を頂いています)

八重歯に 目がいきますが、前歯の出っ張り感も気になります。

上下の前歯が前に傾斜して 出ています。

(お顔の写真の使用にはご本人の承諾を頂いています)

このため、上下の口唇が 前に突出しています。

上下の口唇が突出していますので、口もとが もっさりとした印象を与えてしまいます。

不機嫌そうに見えてしまいます。

叢生(八重歯)を伴う 上下顎前突症です。

表側からの矯正装置が 望ましいのですが、
お仕事の関係で どうしても装置を表から着けられないとの事で、
デメリットを理解して頂いたうえで 上顎のみ裏側から治療を行う事となりました。

上下左右の 抜歯を行い 前歯を後方に移動させました。

2017年の12月8日にスタートして2020年の6月16日に終 了しました。

治療期間は 30か月でした。(裏側は 治療期間が長くなりがちです)

八重歯は スッキリと歯列内へ 収まりました

上下の前歯は下がり、口もとの状態は改善されました

上下の口唇が大きく下がり、エステティックラインの内側に収まりました

口もと の出っ張り感も 解消され、お口が閉じやすくなったとの事です。

おとがい(下唇の下方の顎の部分)の緊張感が改善して

全体的に”スッキリ”とした口もとになりました。

口もとの 印象が 大きく変わり自信をもって笑える との事でした。

素敵な笑顔になりました! (#^.^#)

ありがたいことです。

35歳 女性 叢生を伴う 上下顎前突症  治療期間30か月 上顎は舌側(リンガル)装置、下顎は唇側矯正装置(ホワイトワイヤー)を使用した第一小臼歯の抜歯治療 参考治療費 約92万円 (精密検査から終了まで) 矯正治療に伴う副作用の歯肉退縮、知覚過敏、失活、歯根吸収などは認められませんでした。


35歳 女性 「 八重歯 , 口もと を治したい」 ( ハーフリンガル装置 )

35歳の 女性 です
「 八重歯 と口もとを治したい」との事で来院されました。

典型的な ”八重歯”です。

正面から2番目の歯が裏に入っているため”八重歯”感が強調されてしまいます 。

人とお話をする時に ”八重歯” が気になって笑いずらいとのことでした。

(お顔の写真の使用にはご本人の承諾を頂いています)

八重歯に 目がいきますが、前歯の出っ張り感も気になります。

上下の前歯が前に傾斜して 出ています。

(お顔の写真の使用にはご本人の承諾を頂いています)

このため、上下の口唇が 前に突出しています。

上下の口唇が突出していますので、口もとが もっさりとした印象を与えてしまいます。

不機嫌そうに見えてしまいます。

叢生(八重歯)を伴う 上下顎前突症です。

表側からの矯正装置が 望ましいのですが、
お仕事の関係で どうしても装置を表から着けられないとの事で、
デメリットを理解して頂いたうえで 上顎のみ裏側から治療を行う事となりました。

上下左右の 抜歯を行い 前歯を後方に移動させました。

2017年の12月8日にスタートして2020年の6月16日に終 了しました。

治療期間は 30か月でした。(裏側は 治療期間が長くなりがちです)

八重歯は スッキリと歯列内へ 収まりました

上下の前歯は下がり、口もとの状態は改善されました

上下の口唇が大きく下がり、エステティックラインの内側に収まりました

口もと の出っ張り感も 解消され、お口が閉じやすくなったとの事です。

おとがい(下唇の下方の顎の部分)の緊張感が改善して

全体的に”スッキリ”とした口もとになりました。

口もとの 印象が 大きく変わり自信をもって笑える との事でした。

素敵な笑顔になりました! (#^.^#)

ありがたいことです。

35歳 女性 叢生を伴う 上下顎前突症  治療期間30か月 上顎は舌側(リンガル)装置、下顎は唇側矯正装置(ホワイトワイヤー)を使用した第一小臼歯の抜歯治療 参考治療費 約92万円 (精密検査から終了まで) 矯正治療に伴う副作用の歯肉退縮、知覚過敏、失活、歯根吸収などは認められませんでした。


お盆期間の お休みにつきまして

8月6日(木曜)から8月13日(木曜)まで休診となります。

8月14日(金曜)より通常診療となりますので宜しくお願い致します。

なお 緊急の場合は ホームページのお問い合わせメールフォームよりご連絡下さい

メールフォームは毎日確認していますので折り返しで連絡いたします。

必ず 携帯電話などの連絡先を記載して下さい。


百日のお祝いをしました (#^.^#)

先日、次女の百日のお祝いを家族でしました

生まれてから もう3か月経ちます

赤ちゃんの成長は早いですね〜

お食い初めも無事に終わり

一瞬泣きそうになりながらも

ぐずらず頑張ってくれました!

これから、みんなで沢山美味しいものを食べて

すくすくと大きくなってください👶✨