倉敷市の矯正歯科専門医院/インビザライン(マウスピース矯正)

お電話でお問い合わせください/みやび矯正歯科医院

矯正治療あれこれ

23歳 女性 「結婚式までに‥! 前歯を治したい」 ( 非抜歯 叢生症例 )

結婚式までに前歯のガチャガチャを治したいとの事で来院されました。

「結婚式っていつですか。。」  (;・∀・)
『間に合いますか・・?』 (*´з`)
という会話から始まりました

239_口腔_2016年07月02日_172717_B - コピー

正中偏位を伴う叢生症例でした。

左の奥歯の関係がズレていました。

左臼歯部の関係改善を行いながら前歯の逆被蓋も修正しました。

2016年の7月2日にスタートして
2017年の3月27日に 終了
治療期間9カ月

非抜歯の 矯正治療です。

239_口腔_2017年03月27日_173252_B

前歯のガチャガチャと逆被蓋はしっかりと修正され、上下の正中も一致しました。

 

とにかく時間との闘いでした ( ゚Д゚)
少し不十分な箇所もありましたが、
結婚式には余裕を持って間に合いました

この後ホワイトニングを行います (*’▽’)
白い歯でさらに魅力Upです!

239治療前③スマイル - コピー

素敵な笑顔になりました。
思い出に残る素敵な結婚式を~! (#^.^#)

ありがたいことです。


11歳 女性 「八重歯を治したい」 (非抜歯 叢生症例)

11歳の女性です 八重歯を治したいとの事で来院されました。

122_口腔_2015年09月26日_151110_B

上も下も歯ならびがガチャガチャで

左上犬歯のスペースがほとんどない八重歯の状況でした。

下の前歯は右に倒れ込み正中も右にズレていました。

 

「歯を抜かないで」というご希望と、乳歯がまだ残っていたとこともあり、

スペースを確保しながら歯を抜かないで上下の歯を排列しました。

122_口腔_2017年03月17日_185235_B

治療期間19か月 非抜歯 の 矯正治療です。
2015年の9月26日にスタートして
2017年の3月17日に 終了しました。

初診時パノラマ①

治療前のレントゲン写真です

終了時パノラマ①

治療後のレントゲン写真です

 

治療前後①正面

八重歯は解消され、不正だった歯並びは跡形もなく修正されました。

正面からみた雰囲気が全く違います。

治療前後③スマイル

口元の雰囲気も変わり素敵な笑顔になりました。 (#^.^#)

スマイルラインが綺麗に出ていますね。

 

ありがたいことです。

 

アンケートを記入していただきました

img177

お友達にも「凄く変わったね~」って言われたそうです

素敵な笑顔でお過ごしくださいね~

 


精密検査後の 分析作業 と 診断

矯正治療を始めようとすると、精密検査が必要になります。
その精密検査の資料を分析して 治療計画を立案して行きます。

実際にどんな作業を行っているかを ご紹介します。

 

分析作業は大きく分けて 模型分析 と 頭部規格X線写真の分析 に分かれます。

その他にCTの分析もありますが、歯科用CTのページを見て下さい

 

歯型を採ってが出来上がった後、模型分析を行っていきます

模型分析011

歯列の幅を1か所づつ、歯の幅径も1本ずつノギスを用いて計測します。
それぞれ全ての計測値を分析に用います。

実際の模型分析結果を見てみましょう

01幅径と歯の大きさ
左側の分析表は 歯列弓の幅径(アゴの横幅)を表す項目です。
犬歯-犬歯、小臼歯-小臼歯、大臼歯-大臼歯間を全て計測します。

右側の分析表は 歯列弓や歯槽骨の幅径や長径、そして歯の大きさを表す項目です。
歯の大きさは左右を計測して平均を出しています。

非常に大事な分析項目です

例えば、”ガチャガチャ”な歯並び「叢生」の原因は
1. 顎の横幅が狭い場合
2. 歯が大きい場合
3. その両方が合さった場合
この3パターンです。 その他にも様々なパターンがあります。

名称未設定 1

まとめるとこの表のパターンに分類されます。
漠然と「顎が狭いですね~」と言う訳にはいきません。

02ディスクレパンシーとレシオ
左側の分析表は arch length discrepancy の分析表です
英語で書くとカッコ良いですね~

歯列弓の大きさと歯の大きさの不調和を指します。
単純に言うと、顎のスペースの中に歯が並ぶことが出来るかという事です。

右側の分析表は Tooth Size Ratio の分析表です

上下の歯の大きさのバランスが取れていないとしっかりとした噛み合わせになりません。
上の歯に対する下の歯のバランスを計算して分析しています。

(さらに…)


23歳 女性「前歯のガチャガチャ を治したい」( 非抜歯 叢生症例 )

23歳の 女性です

「前歯のガチャガチャを治したい」 との事で来院されました。

153_口腔_2015年11月06日_112256_B

下の前歯が重なっています。上の前歯にも段差が出来ていて上下の距離もあります。

歯列弓の幅径が狭く、本来Uの字型をしている歯並びがVの字型に並んでいます。

下顎の側方歯の近心(前側)への倒れ込みも大きいです。

 

ご本人の希望もあり、下顎臼歯部の倒れ込みを修正して歯を抜かないで

前歯の段差を解消する治療計画を立案しました。

153_口腔_2017年02月22日_115654_B

治療後です。歯列弓の形は綺麗なUの字型に修正され、

前歯の段差は解消されました。上下の距離も正常な状態へ。

治療期間15か月

2015年の11月28日にスタートして 2017年の2月22日に 終了しました。

非抜歯の 矯正治療です。

 

初診時のレントゲン写真です

初診時パノラマ①

 

奥歯の近心傾斜(倒れ込み)が認められます。

 

治療後のレントゲン写真です

終了後パノラマ①

奥歯の近心傾斜(前への倒れ込み)はしっかりと修正されました。

全ての歯が整直しています。

0153治療前後③スマイル - コピー

素敵な笑顔になりました。 (#^.^#)

ありがたいことです。

 

治療後の感想を書いていただきました

img098

ビックリするほど (#^.^#) たくさん書いていただきました

ありがとうございました。

 

これからも素敵な笑顔でお過ごしください


11歳 女性 「噛み合わせが反対で食事しにくい」( 前歯の欠損症例 )

11歳 女性です 「噛み合わせが反対で食事しにくい」との事で来院されました。

177_口腔_2016年02月12日_184042_B

前歯部と側方歯の 反対咬合(受け口)です。

じっくりと確認してみますと、左上側切歯がありません。
欠損でしょうか? 埋伏歯でしょうか?

こういった場合は歯科用CTで確認します。

 

0177 CBCT

 

 

とりあえず骨の中での交通事故のような最悪の出来事は起きていませんでした

http://www.miyabi-clinic.com/appliance/ct
↑ 参考 ↑ 稀に生じる交通事故のような出来事

左上側切歯(前から2番目の歯)は先天的な欠損歯であることが判明しました。

 

先天欠損とクロスバイトを伴う反対咬合症例

わきの歯がほとんど噛み合っていませんので食事はしにくいです。

1本歯が欠損していると歯並びが成立しなくなります。

欠損している歯のスペースを開けてキチンと排列しました。

177_口腔_2017年02月15日_175912_B

治療期間12か月

2016年の2月26日にスタートして
2017年の2月17日に終了しました。

反対咬合とクロスバイトは解消されました。 (#^.^#)

わきの歯はキッチリと噛み合いお食事がとても美味しくなったそうです。

欠損歯は将来的(成人してから)にインプラントなどの補綴処置を行う予定です。
現在は顎の成長に対応できるように暫間的な歯を装着しています。
0177治療前後③スマイル

スマイルラインが幅広くなり、素敵な笑顔になりました。 (#^.^#)

印象が全く違いますね

 

ありがたいことです。

 

治療後の感想を書いていただきました

img097

力の入った感想を書いていただきありがとうございました (#^.^#)

小説家を目指しているみたいで 流石です~

未来のベストセラー作家の誕生を心待ちにしています。 (*‘ω‘ *)

 


14歳 女性「前歯が出ていて 口が閉じにくい」( 非抜歯 )

14歳 中学生の女性です

「前歯が出ていて 口が閉じにくい」との事で来院されました

137_口腔_2015年09月18日_144901_B

上顎前突症(出っ歯)の度合いが強く、力を入れないと口が閉じにくい状態です。
また、噛み合わせも非常に深く(過蓋咬合)下の歯がほとんど見えません。

当初、上の歯を抜歯して上顎を下げる計画を立てていましたが、
成長期ということもあり、下顎の前方への適応に期待してみました。

先ずは非抜歯で頑張ってみました。。。
すると、

137_口腔_2017年02月06日_151255_B

下あごを前方へ誘導することが出来ました。

ご本人の頑張りもあって結果的に非抜歯で治療する事が出来ました。

2015年の9月18日にスタートして  2017年の2月6日に終了
17か月で矯正治療を終了
上顎前突症(出っ歯)は跡形もなく解消されました。

治療前後0137⑥真横

あれだけあった前歯の距離も解消されました。

 

治療前後セファロ①

横顔のレントゲン写真でも、ハッキリとした変化が認められます。
やっぱり、成長期ですね~

治療前後0137②右側面

横顔においての下あごの後退は解消されて

横顔は大きく変化、素敵な口元になりました。 (#^.^#)

治療前後③0137スマイル1

出っ歯感も 今は昔。

治療前後0137①正面1

口元もずいぶんとスッキリとしました。

ありがたいことです。


今まで矯正治療をあきらめていた方へ 新技術の・・・

今まで矯正治療をあきらめていた方へ

目立たない 気づかれない マウスピース矯正 「 インビザライン システム 」

での矯正治療を選択される 20代 から 50代の成人の方が増えています(^O^)

⑥その他の保存する写真3

ご覧のとおり 矯正治療をしているとは思えないくらい 自然なマウスピース矯正です

年齢制限は無く、歯と骨さえ健康であれば出来ます

矯正治療は子供がするものだと思っていた人や

目立つことが恥ずかしかった人にとっては 気づかれにくいので
ストレスなく矯正治療を開始することが出来ます

インビザライン治療中の患者さんからは

「 子供が全然気づいてないんです~(*´▽`*) 」 や

「 自然すぎてびっくりしました!歯が動いていくのが楽しみです♡ 」

と お褒めのお言葉を頂くことが多いです(●´ω`●)

看護士さんや受付のお仕事をされている方、

ご年齢を気にされ 矯正治療をしていることを 気づかれたくない方などに選ばれています

 

20代 男性

①正面

30代 女性

①正面

40代 女性

218_口腔_2016年10月11日_114142_B

50代 男性

317_口腔_2017年01月27日_170956_B

インビザラインは” クリンチェック” という治療計画を作成して、

歯が動いていく シミュレーション画像を見て頂いてから治療を開始します

なので自分の歯が動いていく様子を確認してから治療を開始できるという安心感も

喜ばれている理由の一つになっているみたいです

 

症例によってはインビザラインでは適応出来ない場合もありますので

ご興味がある方はお気軽に ご相談ください (*´з`)


12歳 女性 「前歯のガチャガチャ と 出っ張りを治したい」 ( 非抜歯 )

12歳の 女性です
「お口の中のガチャガチャな状態を何とかしたい」 との事で来院されました。

106_口腔_2015年07月07日_164302_B

メインは 上顎前突症です(いわゆる出っ歯)
そして  叢生 (ガチャガチャ)
さらに   過蓋咬合 (噛み合わせが深すぎて、、下の前歯が見えません)
この3つの状態がミックスされた状況です

難しい言葉で言うと。。 「 過蓋咬合、叢生を伴う上顎前突症 」 と言います
見るからにお食事がしにくい状態です。

 

噛み合わせが非常に深いために(過蓋咬合)噛み合わせの高さを
正常に戻すのに苦労しました。

成長期でしたので、下あごの成長を期待して、抜歯しない治療を選択しました。

106_口腔_2017年01月20日_181637_B

上顎前突症(出っ歯)は跡形もなく解消されました。

前歯のガチャガチャも解消され素敵な笑顔になりました。

治療期間17か月
2015年の7月17日にスタートして 2017年の1月20日に終了しました
患者さんの協力も良く、17か月で矯正治療を終了しました

治療前後でお顔の印象が全く違います。

初診 終了時③スマイル

笑顔が200%Upです!
これから先の長い人生でこの笑顔で、どれだけ得をするか想像もつきませんね (#^.^#)

 

ありがたいことです。

治療の感想を書いていただきました

img095

たくさん記入して頂いてありがとうございます (*´▽`*)

 


1 / 4123»