倉敷市の矯正歯科専門医院/インビザライン(マウスピース矯正)

お電話でお問い合わせください/みやび矯正歯科医院

新着情報

16歳 男性「受け口を治したい」( 反対咬合 )

16歳の男性です。

「受け口を治したい」との事で来院されました。

上下の前歯が逆になっています。右上の犬歯は八重歯の状態です。

叢生を伴う 反対咬合(受け口)です。

小さい頃から受け口だったそうです。
反対の歯ならびが、 お顔の印象に良くない影響を与えています。

(お顔の写真の使用にはご本人の承諾を頂いています。)

お母さん ご本人ともにずっと気にされていたそうですが、今回思い切って 来院されました。

ご本人にとって 口もとが 大きな コンプレックスになっていたそうです。

受け口の治療としては遅い開始時期です。

このため、骨格的な不正も認められます。

ワイヤーとゴムを使用した治療により反対咬合を修正しました。

 

2017年の6月27日にスタートして 2018年の10月2日に 終了 しました。

治療期間 16か月

受け口は すっかりと治り 口もとも大きく変わりました

「自信がなさそうな 表情だった息子が自信をつけて すっかりと 男前になった」と

お母さまは とても喜んで頂けました。

素敵な笑顔になりました!(#^.^#)

これから大学に進学されるそうです。

自信あふれる 笑顔で 明るい青春をお過ごしください (*´▽`*)

ありがたいことです。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です