倉敷市の矯正歯科専門医院/インビザライン(マウスピース矯正)

お電話でお問い合わせください/みやび矯正歯科医院

新着情報

44歳 男性「 出っ歯 すき間を 治したい 」( インビザラインを用いた症例 )

44歳の 男性です。
「”出っ歯 ” と 前歯のすき間を 治したい」との事で来院されました。

正面から見ても 明らかに 前歯が飛び出しています。

噛み合わせは ひじょうに深く 下の歯は上の歯ぐきを噛んでいるような状態です。

前歯の間に すき間が 多数あり ”すきっ歯” の状態です。

前歯は 大きく 前に傾いて激しい ”出っ歯” の状態になっています。

上の前歯が 前に出ているために 唇も前に出ています。

”出っ歯” と すき間が 気になって 笑いにくいとの事です。

(お顔の写真の使用にはご本人の承諾を頂いています)

この方、昔から(小さい頃から)前歯がず~っと気になっていたそうです。

 

今回、なぜ矯正治療に踏み切ったのか聴いてみると、

娘さんから『 恥ずかしいから 前歯治してよ! 』 と言われたとの事、

ご本人は 「ショックを受けた」そうですが、

良い機械なので矯正治療を行う事にしたそうです。

 

気づかれない 治療を希望との事で、適応症例でもあったため、

インビザラインシステムを用いた治療を行いました。

(インビザラインのマウスピース装置を装着したところです)

2019年の7月3日にスタートして 2020年の9月23日に 終了しました

治療期間は 15か月でした。

前歯の すき間は、完全に閉じました。

噛み合わせも浅くなり、”出っ歯” 感が解消しました。

突出していた前歯の傾きが 正常になりました。

前歯が整ったことで、口もとの 印象が 大きく変わり

素敵な笑顔になりました! (#^.^#)

治療の途中から 前歯のすき間と ”出っ歯” が 少しずつ改善してきて

「マウスピースを交換するのが 楽しくなってきた!」 と言われていました。

ありがたいことです。

44歳 男性 空隙を伴う上顎前突症 治療期間15か月 マウスピース型矯正装置(インビザライン)を使用した非抜歯治療 参考治療費 約79万円 (精密検査から終了まで) 矯正治療に伴う副作用の歯肉退縮、知覚過敏、歯根吸収などは認められませんでした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です