倉敷市の矯正歯科専門医院/インビザライン(マウスピース矯正)

お電話でお問い合わせください/みやび矯正歯科医院

新着情報

裂けてゆく 心

位牌のことに関して
「40年は劣化しない物を 選んでおいたから」と
両親より云われました
40年か…
平均的にみて あと40年僕の肉体は維持されるでしょう
あと 40年も… 貴女のいない世界
写真を撮っても見てくれる相手が居ない
「今日ね朋宏がね・・」
咳をしても独り という句がありますが
言い得て妙だなぁ・・
彼岸への憧れのような感情が出てきますね
僕の心が2つに裂けて行きます
元々 自分を斜め後ろの天井付近から客観視する 自分が居たのですが
2つの心の距離は加速度的に離れて行きます
1つ目は彼岸(ひがん)に憧れる心
もう時期 雪の季節となりますが
人の一生は空から舞い降りる雪の結晶のようなものだと思います
誰かの手のひらに触れると 消えてしまう
儚いモノ
無常 を強く意識する心です
ヒト モノ カネ への執着に虚しさを感じます
肉体は魂のイレモノ
彼岸に憧れ 死を意識する 心
もう1つの心は 此岸(しがん)に 執着する心です
可愛い女の子が好き
良い音を聴きたい
美味しい料理を食べたい
綺麗な景色の場所に旅行したい
限りない煩悩にまみれた世界を愛する 心
この2つの心の間の振れ幅が大きくなっています
あまり大きく振れてしまうと
どちらかへ飛んでしまいます
僕の心が持ちません
さらにそれらを傍観(俯瞰) する自分もいて混乱しています
自分の心が乱れている原因がいままで解らなかったのですが
お位牌の件を切っ掛けに 少し解明されました
少し薄明かりが射し込んで来たような…
僕の心のスタビライザーは 僕と彼女の宝物
朋宏 と 爽介 です
子供たちが僕を支えてくれている
本当に子供たちには 助けてもらってばかりです
IMG_3863.jpg


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です