倉敷市の矯正歯科専門医院/インビザライン(マウスピース矯正)

お電話でお問い合わせください/みやび矯正歯科医院

月別アーカイブ

美しい思い出が 遺された者を苦しめる

落ち着いてはいませんが
まあ 先に進みます
留まると動けなくなりそうですし・・・
何か他の事を考えていたり体を動かしていると気が少し紛れます
今 一番辛いのは 季子のモノを整理している時ですね
モノを捨てる時・・  身を切られるような辛さです 
手に触れるモノに思い出が 蘇ります・・・
彼女の断片を探し続けている自分がいます
彼女の書いた手紙は勿論のこと 
手帳 家計簿 書き込みだらけの専門学校の教科書・・・
入院してから書いた 何でもないメモ 走り書き
最期に書いたメモ
大切な彼女の一部です
携帯も メールを全て保護しました
留守電の録音・・ 1件だけ残っていました
何度も 何度も 聴き返しています
しがみつきたい しがみつきたい 思い出です
金庫に手紙を入れている人をTVで見たことがあります
昔はよく解りませんでした
今は良く解ります 多分自分も金庫に保管するでしょうね・・
紙に描いたものは取っておけます
それ以外の嵩張る物は 移動も控えていますし 
現実的に大部分を処分せざるを得ません
人によって感じ方は違うと思いますが
インナー やズボンは処分しやすいです
しかし
上着 ジャケット コートなどは場所と時間も僕の人生の時間軸の中に蘇ってきます
笑っている 彼女がいるのです
帽子は・・ 無理です 
帽子の下に 彼女の顔が浮かぶのです・・・
楽しかったなあ・・・
ケンカも沢山して 嫌になった事もありました 
もう一緒に居るのは無理と思った事もありました
でも 何故か良い思い出しか湧いて来なくて・・
思い出は本当に美化されるのですね
その美しい思い出に 苦しめられています
長男も ママと行った場所を盛んに語るようになりました
ママの使っていたカメラを使い・・ 
ママが座っていた場所に座り
ママが好きだった音楽を ママのためにかけ
ママが好きだったスヌーピーの洋服をよく着ています
季子が使っていた パジェロミニという軽自動車が我が家に停まっています
古いし 調子も良くないし 
僕1人しか運転する人間がいないので
引っ越しを機に 郡山で処分(売却)しようと思っていました
軽い気持ちで長男に説明したところ・・
涙で洋服がビショビショになるほど 号泣 してしまいました・・・
彼は もの心着いた頃から 
いつも助手席に座っていました
お買い物も 保育所の送り迎えも 幼稚園の送り迎えも 遊びに行く時も
 
ママが運転する 横顔をずっと見ていたのですね
彼にとっては 車ではなかったのです
ママとの思い出の空間だったのです・・・
残酷な事を言ってしまったと反省しました
泣きながら長男に謝りました
彼と 約束しました
朋宏が 「もう大丈夫だよ」 と言うまでは絶対に手放さないと
何度でも何度でも修理すると・・ 
指切りをしました 男と男の約束です
ナンバーが福島から倉敷になっても
数字だけは同じ数字にする 約束もしました
彼女の使っていた時計
大きくなったら彼らが「使いたい」とのことなので
彼らが大きくなるまで大事に時を刻んでくれるよう
手入れして保管しておきます
季子 
あなたの存在が大きすぎで
あなたの愛が深すぎて
大変です
でも 思い出にしがみつかないで
歩いて行ける日が来る
その日まで 支えあって がんばります


帰宅しました

一昨日の夜中 郡山の自宅へ帰りました
昨日の朝 季子を迎えに行きました
幼稚園に行く前に子供たちと3人で
お寺で大事に預かって頂いていたことを感じ 本当に感謝しました
渡して頂く前に 丁寧に お経をあげていただきました
何というか・・ お陰様で
安心して 倉敷に帰省することができました
自宅へ帰り
さっそく 季子の好きな音楽をかけました
子供たちの声は聞こえなかったけど
本当によい住職さんに・・
季子も 安心していたと思います
ありがとう ございました


裂けてゆく 心

位牌のことに関して
「40年は劣化しない物を 選んでおいたから」と
両親より云われました
40年か…
平均的にみて あと40年僕の肉体は維持されるでしょう
あと 40年も… 貴女のいない世界
写真を撮っても見てくれる相手が居ない
「今日ね朋宏がね・・」
咳をしても独り という句がありますが
言い得て妙だなぁ・・
彼岸への憧れのような感情が出てきますね
僕の心が2つに裂けて行きます
元々 自分を斜め後ろの天井付近から客観視する 自分が居たのですが
2つの心の距離は加速度的に離れて行きます
1つ目は彼岸(ひがん)に憧れる心
もう時期 雪の季節となりますが
人の一生は空から舞い降りる雪の結晶のようなものだと思います
誰かの手のひらに触れると 消えてしまう
儚いモノ
無常 を強く意識する心です
ヒト モノ カネ への執着に虚しさを感じます
肉体は魂のイレモノ
彼岸に憧れ 死を意識する 心
もう1つの心は 此岸(しがん)に 執着する心です
可愛い女の子が好き
良い音を聴きたい
美味しい料理を食べたい
綺麗な景色の場所に旅行したい
限りない煩悩にまみれた世界を愛する 心
この2つの心の間の振れ幅が大きくなっています
あまり大きく振れてしまうと
どちらかへ飛んでしまいます
僕の心が持ちません
さらにそれらを傍観(俯瞰) する自分もいて混乱しています
自分の心が乱れている原因がいままで解らなかったのですが
お位牌の件を切っ掛けに 少し解明されました
少し薄明かりが射し込んで来たような…
僕の心のスタビライザーは 僕と彼女の宝物
朋宏 と 爽介 です
子供たちが僕を支えてくれている
本当に子供たちには 助けてもらってばかりです
IMG_3863.jpg


色って難しいです

午後からは 両親に子供たちを預けて 
みやび矯正歯科医院
現場での打ち合わせです
だいぶ医院のかたちが出来上がってきました
現場に壁紙が張られるようになって来ると
ああ・・ この壁紙・・ 妻と選んだなあ・・ 色々な会話を思い出して 
ちょっと 感傷的になってしまいます
現場にいけない時でも 写真を撮っては
メールでやり取りしていましたので・・
それらの思い出が 壁から湧いて出てきます
壁紙を撫でながら 感情を落ち着かせます・・
忙しくして 紛らわせているんだなあ・・
と 改めて自分の心内が分かります
医院が出来上がった後 ・・ その後が心配です
が 前に進めないと・・・ いけないでしょうね
彼女もそれを望んでいるでしょうね
IMG_3815.jpg
このページの壁紙 好きです 
設計士さんも使ったことが無い・・・と言っていました
どこかに登場します 
IMG_3859.jpg
長男がお気に入りの 虹色の壁紙です
目をキラキラさせながら 「パパこれ良いよ!」 って言っていました
IMG_3890.jpg
これから 受付カウンターの建具が入ります 待合です
IMG_3912.jpg
診療室内部です 黄緑の柱がお気に入りです


夢 で 逢いましょう

今朝 起きると
長男が僕の隣でニコニコとしていました
ずいぶんと早起きです・・
どうしたの・・?
「ママの夢を見たんだよ・・」
どんな?
「ナイショ ♡ 」
楽しかった?
「うん! いっぱい遊んだよ! 元気だったよ!」
祭壇に手を合わせて
「また 遊んでね」 って言っていました
彼も
夢で逢えたみたいです
ありがとうね 時々 出て来てあげてね
打ち合わせは午後からだったので
種松山のアスレチックに2人を連れて行きました
彼らもここ暫く運動不足になっていましたので
たまには 発散させてやらないと・・・
IMG_3878.jpg
IMG_3880.jpg
彼らに交じって 大人げなくアスレチックを楽しみました
しばらくぶりに いい汗をかきました


アップルパイ

中学校の時の同級生に会いました
20年以上会っていなかったので・・
何を話せば と思っていましたが
子供つれだったので 子供たちのほうが先に懐いていました
ランチを食べながら
色々と地元の情報 特に小学校などの
情報を教えていただきました
地元ではないし・・・
男親なので・・ 細かい情報に関しては皆目見当が付きませんでしたので
本当に 助かりました
心配して頂いてありがとう
アップルパイをいただきました
IMG_3868.jpg
IMG_3869.jpg
その日のおやつに頂きました
季子にもお供えして・・・
美味しかったです
すぐに食べつくされてしまいました
ご馳走様でした


区切りを付けました

役所に行ってきました
ようやく 足を運びました
本籍地は倉敷にありますので 
支所まで 手続きに必要な 戸籍謄本を取りに行きました
そこには 僕の枠内に
婚姻日 平成19年9月21日
配偶者氏名 ・・・・・・
など・・ 季子との記録が記載されていました
最期に
配偶者の死亡 「配偶者の死亡日」平成26年11月2日
と記載され枠が閉じられていました
季子の 枠内にも 僕との婚姻
そして 死亡した日時 場所が記載されていました
季子 が除籍 となっていました
見つめるのが 苦しいですね でも ようやく認めることが出来たのかな・・・と思いました
季子 といた事実というのは戸籍には永久に残るとのこと
ほっとしました
紙の上の事かもしれませんが それだけでも 季子の存在を
感じられて 嬉しいです
IMG_3807.jpg
役所から戻ると・・・
季子の存在を大いに感じさせる 彼が
一生懸命 照明器具を 組み立てていました
「後ろに見本があるから まだ簡単なんだよね~」
頼りにしてますよ


雪崩のような 打ち合わせ

15日 倉敷に到着して
1時間後には”みやび矯正歯科医院”の現場での打ち合わせでした
IMG_3780.jpg
待ったなしで決めなければ先に進めない事柄が
雪崩のように押し寄せてきました
僕がいなくても出来る所だけ優先して進めていただいていた
現場の方に感謝です
IMG_3781.jpg
医院の中央付近の鉄骨をアクセントで黄緑に塗ってもらいました
依頼して 初めて見ましたが 
いい感じです!
世界観が出てきましたね
IMG_3809.jpg
2階のスタッフさんのための休憩室の間仕切りです
広いです・・・
何人で使うのでしょうか・・・
贅沢な広さですね
IMG_3811.jpg
配電盤です
カバーが掛けられてブレーカースイッチ本体しか見えないのに・・・
隠れる所まで綺麗な配線です
まさに”神は細部に宿る”といった感じですね
職人さんの心意気を感じました
15時から4時間くらい続きました
疲れましたが 日常を忘れる貴重な時間でした


1 / 3123