倉敷市の矯正歯科専門医院/インビザライン(マウスピース矯正)

お電話でお問い合わせください/みやび矯正歯科医院

インビザライン/マウスピース矯正

「これまで矯正治療を諦めていた多くの方々へ
目立たない、気づかれない新技術の矯正システム」

新しい笑顔で始める、新しい歯科矯正治療

インビザライン/マウスピース矯正

インビザラインのメリット

取り外しができて衛生的

マウスピースは、取り外しが可能なので、歯磨きやフロスも普段通り行えます。 また、簡単に洗浄ができ衛生的です。

食べたいものが食べられる

マウスピースは取り外しが可能なので、いつもと変わらない食事をとることができます。

金属による悩みも解消

インビザライン・システムなら、金属アレルギーを引き起こす心配がありません。

  • インビザラインのメリット

透明という選択肢

インビザライン・システムであれば、透明なので、矯正治療中であっても笑顔を見せることができます。相手に伝えない限り、誰も治療を受けていることに気づかないでしょう。
透明で取り外しが可能な「インビザライン・アライナー」を順次装着することで、きれいな歯並びへと変化を遂げていきます。
マウスピースは約10日間ごとに新しいものに交換します。少しずつ歯が移動するにつれて、理想的な笑顔へと近づいていくことでしょう。

  • 透明という選択肢

取り外し可能、しかも快適

マウスピースの装着は違和感が少ないので、日頃の多忙なライフスタイルにも支障がありません。矯正歯科医院で受診のたびに、治療の進行状況を確認し、新しいマウスピースを担当の矯正歯科医院から受け取ります。
自分で簡単に取り外し可能なので、食生活もこれまで通りです。歯磨きやフロスにも全く影響がないので、歯と歯周組織をこれまで通り健康に保つことができます。

インビザライン・システムとはどの様なものか?

  • マウスピースの厚みは0.5mm

    マウスピースの厚みは0.5mm

  • 使い捨てコンタクトレンズのように10日毎に交換します

    使い捨てコンタクトレンズのように10日毎に交換します

  • 16時間〜20時間使用/1日

    16時間~20時間使用/1日

厚さ0.75mmの透明な医療用プラスチックの矯正用マウスピースで歯を動かしていくシステムです。マウスピースの装着時間については、食事と歯磨き以外の一日16~20 時間の使用となっています。
ワイヤー矯正では歯に装着された装置は患者さんの意思で取り外すことは出来ませんが、インビザラインシステムは食事や歯磨きの際に外すことが可能です。
マウスピースの交換は使い捨てのコンタクトレンズのように約10日間毎に、ご自身で新しいマウスピースに交換して頂きます。

  • 装着前
  • 装着後

最初の1枚から最後までのマウスピースが一度に届けられます。

最初の1枚から最後までのマウスピースが一度に届けられます。

本システムの特徴
従来のワイヤーとブラケットを使用した方法ではなく、指定された移動が連続的に組み込まれた一連の透明なマウスピースがミリングマシーンによって作製されます。 最初の1枚目から最後のマウスピースまで、一度に全てのマウスピースが作製されるシステムです。患者さんの歯ならびの状態によって、マウスピースの枚数は異なり14枚~90枚の間で作製されます。
インビザライン・システムは、1998年に米国で開発されてから現在までに、全世界で9万人以上の先生方に採用され、新規症例数は年間42万以上、世界45カ国以上の国々で提供されています。 累計では280万人以上の患者さんがインビザライン治療を受けています(2015年1月現在)。

インビザラインシステムの製作過程

精密な歯型の採得(PVS印象材)

精密な歯型の採得(PVS印象材)

インビザラインシステムの製作過程を紹介します。
院内で、3Dモデル作製のためのPVS印象(シリコンを用いた精密な歯型)を採得します。採得されたPVS印象は、米国のカリフォルニア州サンノゼ市のアライン・テクノロジー社に輸送します。

PVSは飛行機で輸送され、メキシコの工業用CTにてスキャニングされ、データはインターネット経由でコスタリカへ送られる

荷受けされたPVS印象は、メキシコの工場まで陸路で輸送され、患者さんの3Dセットアップモデルをコンピューター上に具現化させるために工業用コンピューター断層撮影(フラッシュCT)にてスキャニングされたされます。
そのデータは、瞬時にコスタリカ共和国のOperation Centerに送られます。
日本からメキシコの工場でスキャニングが開始されるまでには約5日ほど掛かります。
当医院で作成した治療計画を基に、Operatorによってデジタルな治療計画が作成されます。

  • PVSは飛行機で輸送され、メキシコの工業用CTにてスキャニングされ、データはインターネット経由でコスタリカへ送られる
  • PVSは飛行機で輸送され、メキシコの工業用CTにてスキャニングされ、データはインターネット経由でコスタリカへ送られる

    コスタリカ共和国のOperation Center

最初の1枚から最後までのマウスピースが一度に届けられます。

コスタリカのOperatorによって作成されたデジタルな治療計画はインターネット経由で日本へ

作成されたデジタルな治療計画のデータは、インターネットを通じてコスタリカ共和国のOperation Centerから当医院に送られます。

インビザライン専用の治療計画シミュレーションチェックソフト
(クリンチェック®)を使用して、治療計画の変更を指示

その後、インビザライン専用の治療計画シミュレーションソフト(クリンチェック®)を使用して、治療計画の変更を指示します。コンピューター上で自動的に治療計画が作られる訳ではありません。
インビザラインは、個々に歯を動かすことが可能なシステムです。ソフトウェア上で、細かい歯の移動、アタッチメントの有無、ステージングの変更や角度を細かく指示する必要があります。 ステージングをクリンチェック上で細かく設定することによって、個々の歯の移動のタイミングを細かく指示していきます。

コスタリカのOperatorによって作成されたデジタルな治療計画はインターネット経由で日本へ

ステージングは、患者さんによって異なり歯牙を移動させる順番やアタッチメントの有無を指示する必要があります。治療結果はドクターのインビザライン経験によって大きく左右されます。

承認されたデータはメキシコの製造工場へ送られます。

治療計画の変更はインターネット経由で日本からコスタリカへ送信されます。
何度も治療計画を修正(多い症例で10回くらい)した後に治療計画の承認を行います。承認されたデータはメキシコの製造工場へ送られます。

個々のマウスピースがミリングマシーンによってカスタムメイドで作製されます。

  • 承認されたデータはメキシコの製造工場へ送られます。
  • 承認されたデータはメキシコの製造工場へ送られます。

メキシコの製造工場➡①テキサス州➡②ニューメキシコ州➡③カリフォルニア州➡④アラスカ州➡⑤日本へ

作製されたマウスピースはメキシコの製造工場から陸路にて出荷され➡テキサス州・サンアントニオ国際空港➡ニューメキシコ州・アルバカーキ国際空港➡カリフォルニア州ロサンゼルス近郊のオンタリオ国際空港➡アラスカ州最大の都市アンカレッジのアンカレッジ国際空港➡を経由してやっと成田国際空港にたどり着きます。

その後、税関手続きを経て宅配サービスにて当医院に届けられます。出荷されてから当医院に届けられるまでの期間は、5日~7日間かかり、PVS印象を日本からアメリカへ送りファーストクリンチェックが作製され、治療計画の修正を開始するまでには7日間~10日間かかります。実にPVS印象の提出からインビザライン治療が開始されるまでには、3週間~4週間かかります。
上記がマウスピース製作までの流れです。
全てがコンピューター上で自動的にマウスピースが作られる訳ではありません。
クリンチェックというソフトウェア上で、細かい歯の移動、アタッチメントの有無、ステージングの変更や角度を細かく指示する必要があります。 インビザラインは、個々に歯を動かすことが可能なシステムです。ステージングというものをクリンチェック上で細かく設定することによって、個々の歯の移動のタイミングを細かく指示していきます。

  • メキシコの製造工場➡①テキサス州➡②ニューメキシコ州➡③カリフォルニア州➡④アラスカ州➡⑤日本へ
  • メキシコの製造工場➡①テキサス州➡②ニューメキシコ州➡③カリフォルニア州➡④アラスカ州➡⑤日本へ

マウスピースが届いてから診療室での流れ

テンプレートを用いたアタッチメントの設置

テンプレートを用いたアタッチメントの設置

実際の診療室では、クリンチェックのステージングに従って、個々の歯牙にアタッチメントを設置します。マウスピースと歯をしっかりと把持させると同時に歯を最適に移動させるために、歯の表面に米粒状の小さなプラスチックの突起物を接着させる必要があります。マウスピース単独では歯の細かい移動をコントロールすることは不可能だからです。
どの歯にどこの位置にどのタイミングでアタッチメント付けるのか?もしくはどのタイミングでアタッチメントを外すのかということも細かく指示する必要があります。
アタッチメントの設置部位とアタッチメントのデザインは、すべての症例で異なります。

テンプレートを用いたアタッチメントの設置

インビザライン専用のアタッチメント・テンプレートの中にレジンを流し込み、歯面に圧接するように接着させます。 接着後は、アタッチメントの周辺を丁寧に研磨します。このアタッチメントですが、拡大ルーペを使用しなければ見えないくらい目立ちません。

IPR(interproximal reduction )の施術

さらに、事前のクリンチェックにより、IPR する部位とIPR 量が0.1㎜~0.5㎜の間で算出され、何枚目と何枚目のマウスピースでIPRをする必要があるのか事前に診断されているので、 IPR専用のブレードを使用して必要な量だけのIPRを行う必要があります。
IPRとは上下の歯牙の大きさを整えることによって、より緊密な咬み合わせを達成させるために行います。

  • IPR(interproximal reduction)の施術