倉敷市の矯正歯科専門医院/インビザライン(マウスピース矯正)

お電話でお問い合わせください/みやび矯正歯科医院

新着情報

11歳 女性 「噛み合わせが反対で食事しにくい」( 前歯の欠損症例 )

11歳 女性です 「噛み合わせが反対で食事しにくい」との事で来院されました。

177_口腔_2016年02月12日_184042_B

前歯部と側方歯の 反対咬合(受け口)です。

じっくりと確認してみますと、左上側切歯がありません。
欠損でしょうか? 埋伏歯でしょうか?

こういった場合は歯科用CTで確認します。

 

0177 CBCT

 

 

とりあえず骨の中での交通事故のような最悪の出来事は起きていませんでした

http://www.miyabi-clinic.com/appliance/ct
↑ 参考 ↑ 稀に生じる交通事故のような出来事

左上側切歯(前から2番目の歯)は先天的な欠損歯であることが判明しました。

 

先天欠損とクロスバイトを伴う反対咬合症例

わきの歯がほとんど噛み合っていませんので食事はしにくいです。

1本歯が欠損していると歯並びが成立しなくなります。

欠損している歯のスペースを開けてキチンと排列しました。

177_口腔_2017年02月15日_175912_B

治療期間12か月

2016年の2月26日にスタートして
2017年の2月17日に終了しました。

反対咬合とクロスバイトは解消されました。 (#^.^#)

わきの歯はキッチリと噛み合いお食事がとても美味しくなったそうです。

欠損歯は将来的(成人してから)にインプラントなどの補綴処置を行う予定です。
現在は顎の成長に対応できるように暫間的な歯を装着しています。
0177治療前後③スマイル

スマイルラインが幅広くなり、素敵な笑顔になりました。 (#^.^#)

印象が全く違いますね

 

ありがたいことです。

治療後の感想を書いていただきました

img097

力の入った感想を書いていただきありがとうございました (#^.^#)

小説家を目指しているみたいで 流石です~

未来のベストセラー作家の誕生を心待ちにしています。 (*‘ω‘ *)

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です